諸江一紀建築設計事務所による、岐阜の「土岐の住宅」

( )

Photo at random

諸江一紀建築設計事務所による、岐阜の「土岐の住宅」

architecture, feature

toki00
all photos(C)中村絵

諸江一紀建築設計事務所が設計した、岐阜の「土岐の住宅」です。

土岐市駅前からつづく旧街道のおもかげが残る県道に面した住宅。
回転しながら上がるスキップフロアの構成となっているが、これは周辺状況に応答しつつ、内部の行為にふさわしい身体状態を誘うものとして導き出された。

※以下の写真はクリック拡大します

toki01

toki02

toki03

toki04

toki05

toki07

toki08

toki09

toki10

toki11

toki12

toki13

toki14

toki15

toki16-plan

toki17-section

以下、建築家によるテキストです。

**********

土岐市駅前からつづく旧街道のおもかげが残る県道に面した住宅。
回転しながら上がるスキップフロアの構成となっているが、これは周辺状況に応答しつつ、内部の行為にふさわしい身体状態を誘うものとして導き出された。

北側には親族が所有するアパートがあるため、影を落とさないように南側に寄せて建てられ、ヴォリュームも南側が高く北側が低い。大開口がある南側リビングはプライバシーを確保するためにGLから2mほど上がっている。東側もアパート駐車場の出入りがあるためダイニングキッチンのレベルを1.2m上げている。

立位のキッチンや椅子座のダイニングと床座やソファ座のリビングとは目線の高さが合う。掘りごたつ式のスタディコーナーからはリビングに座る人の頭を越えて、南の大開口がのぞめる。
開口部も環境に応じて、日射を得る大開口、プライバシーを確保するハイサイド、田園風景が広がるコーナーレス窓などが選択されている。

そういった環境に応答しただけのバラバラな状態に中央の階段によって求心性を持たせている。

外壁の焼杉は古い町並みとの調和だけではなく、軒なしでアルミサッシと組み合わせることで炭のギラツキ感がモダンに見えることを試みた。

南面開口はバルコニーや袖壁で奥行きももたせているが、プライバシー確保は完全ではないため、外付けブラインドを設置し、視線と日射熱のコントロールしている。

■建築概要
土岐の住宅
所在地:岐阜県土岐市
家族構成:夫婦+子供2人
階数:地上2階
構造:木造
敷地面積:207.00mm2
建築面積:74.90m2
延床面積:117.60m2
設計監理:諸江一紀建築設計事務所
構造設計:藤尾建築構造設計事務所 藤尾篤
造園:GROUND
施工:ASJ飛騨高山スタジオ(井上工務店)
設計期間:2013年4月~2014年6月
施工期間:2014年7月~2015年2月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact