二俣公一 / ケース・リアルによる、福岡のスナック「日本號」

( )

Photo at random

二俣公一 / ケース・リアルによる、福岡のスナック「日本號」

architecture, design, feature

nihongou00
all photos(C)水崎浩志

二俣公一 / ケース・リアルが設計した、福岡のスナック「日本號(にほんごう)」です。

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。もともと先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字型のカウンターで囲んだ。

※以下の写真はクリックで拡大します

nihongou01

nihongou03

nihongou04

nihongou05

nihongou06

nihongou07

nihongou08

nihongou09

nihongou10

nihongou11

nihongou12

nihongou13

以下、建築家によるテキストです。

************

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。もともと先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字型のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファーを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。

■建築概要
日本號(にほんごう)(2015年/福岡)
クライアント:日本號
計画種別:インテリア改修
用途:スナック
計画期間:2015年3月~2015年10月
計画面積:20.0平米
計画地:福岡県福岡市中央区大名
設計:ケース・リアル 二俣公一
共同設計:下平康一(パートナー)
施工:時空建築工房
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
撮影:水崎浩志


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact