諸江一紀建築設計事務所による、愛知・名古屋の住宅「今池の住宅」

( )

Photo at random

諸江一紀建築設計事務所による、愛知・名古屋の住宅「今池の住宅」

architecture, feature

imaike-00
all photos(C)山内紀人

諸江一紀建築設計事務所が設計した、愛知・名古屋の住宅「今池の住宅」です。

 敷地は名古屋市中心部、住宅や店舗、事務所などが入り混ざる地域にある。南面する道路に対して塀や壁をつくることなく、適度に開きつつも、内部では喧騒から逃れられる奥のある空間を目指した。
 外壁に点在する開口部は大きくなく、周辺住宅で使われているような引違い窓などである。窓の配置や大きさ、窓前の植栽を室内の設えや目線と丁寧に呼応させることで開き加減を調整した。

※以下の写真はクリックで拡大します

imaike-01

imaike-02

imaike-03

imaike-04

imaike-05

imaike-06

imaike-07

imaike-08

imaike-09

imaike-10

imaike-12

imaike-13

imaike-14

imaike-15

imaike-16-plan

imaike-17-section

以下、建築家によるテキストです。

***********

今池の住宅

 敷地は名古屋市中心部、住宅や店舗、事務所などが入り混ざる地域にある。南面する道路に対して塀や壁をつくることなく、適度に開きつつも、内部では喧騒から逃れられる奥のある空間を目指した。
 外壁に点在する開口部は大きくなく、周辺住宅で使われているような引違い窓などである。窓の配置や大きさ、窓前の植栽を室内の設えや目線と丁寧に呼応させることで開き加減を調整した。2階には施主のライフスタイルを考慮して、バルコニーではなくサンルームをつくっているが、片持ちとすることで周辺のバルコニーと調和させ、軒の出とともに陰影をつくり出している。玄関は奥まらせて横から入ることで住宅らしさを軽減し、用途が混在する地域にふさわしいファサードとしている。
 内部においては中央にOSBの壁でできた箱を置き、その箱を回りながら昇り降りするスキップフロアとしている。箱の内部は和室や趣味室など落ち着きが求められる室を配置している。半階上げることでスタディコーナーや子供室は北側駐車場から、寝室は道路から距離を取っている。箱の最上部はトップライトのある小屋裏空間で、ここが光のリフレクターとなり、北側の部屋や階段を明るくしている。
(諸江一紀)

■建築概要
今池の住宅
所在地:愛知県名古屋市千種区
家族構成:夫婦、子供二人
階数:地上2階
構造:木造
敷地面積:148.63m2
建築面積: 73.89m2
延床面積:140.14m2
設計監理:諸江一紀建築設計事務所
構造設計:藤尾建築構造設計事務所
造園:GROUND
施工:井上工務店
設計期間:2015年9月~2016年2月
施工期間:2016年3月~2016年8月
写真:山内紀人


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact