加藤吉宏による、愛知県名古屋市の、自社アトリエ「TETOTE NOTE」

( )

Photo at random

加藤吉宏による、愛知県名古屋市の、自社アトリエ「TETOTE NOTE」

architecture, feature

tetotenote_012
all photos(C)ナカサ&パートナーズ

加藤吉宏が設計した、愛知県名古屋市の、自社アトリエ「TETOTE NOTE」です。

約100㎡の敷地に、スクエアで真っ白な自社のアトリエを手がけた。5層からなるこの建築物を「テトテノート」と名付けている。外壁面に無造作に配された長丸型の窓は、縦型と横型の2種類の開き方がある。外壁面側ぎりぎりに取り付け、開放時には外部からのフラットな印象を変える。内部では壁の厚みが更に長丸型を強調し、よりランダムで動きのある光と影を取り込む。開閉により印象に両義性を持たせ、多くのデザイン的情報を取り入れることなく、空間と最低限のディテールで力強い関係を表現した。

※以下の写真はクリックで拡大します

tetotenote_013

tetotenote_014

tetotenote_018

tetotenote_021

tetotenote_024

tetotenote_025

tetotenote_027

tetotenote_029

tetotenote_030

tetotenote_031

tetotenote_032

tetotenote_033

tetotenote_035

tetotenote_039

tetotenote_045

以下、建築家によるテキストです。

**********

約100㎡の敷地に、スクエアで真っ白な自社のアトリエを手がけた。5層からなるこの建築物を「テトテノート」と名付けている。外壁面に無造作に配された長丸型の窓は、縦型と横型の2種類の開き方がある。外壁面側ぎりぎりに取り付け、開放時には外部からのフラットな印象を変える。内部では壁の厚みが更に長丸型を強調し、よりランダムで動きのある光と影を取り込む。開閉により印象に両義性を持たせ、多くのデザイン的情報を取り入れることなく、空間と最低限のディテールで力強い関係を表現した。
各階をつなぐ階段シャフトの屋根をガラスとし、壁面に光を落とす。その光は時間と共に変化していく。スチール製の段板には、長丸型のパンチングを施し、より多くの光を最下階まで届くようにした。階段シャフトの打ち放し仕上げには、コンクリートに木目柄が出るように表情の異なるラフな仕上がりとし、より豊かな光の表現を可能にしている。
このアトリエを計画するにあたって、もう一つ重要な要素となる照明スタンドをデザインした。このスタンドにはLED懐中電灯を3台取り付けており、非常時には取り外して懐中電灯としても使用することができる。デザインは、ろうそく立てのイメージをLEDに転化した。
アッパー用の照明スタンドにおいても、懐中電灯の差し込み型としている。電池は再利用可能なものにし、消費エネルギーを抑え、防災における考え方をデザインコンセプトとした。

■建築概要
設計:加藤吉宏
撮影:ナカサ&パートナーズ
竣工年:2012年
所在地:愛知県名古屋市中村区竹橋町37-3
工事種別:新築 一戸建て
構造と規模:RC造 地上5階建て
敷地面積:103.74㎡
建築面積:74.73㎡
床面積:342.12㎡/1?4階74.73㎡ 5階43.20㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact