梅岡恒治+山田美紀 / Studio Bagulhoによる、大阪・高槻の店舗「和菓子司 KAMATARI」

( )

Photo at random

梅岡恒治+山田美紀 / Studio Bagulhoによる、大阪・高槻の店舗「和菓子司 KAMATARI」

architecture, feature


all photos(C)猪股純一

梅岡恒治+山田美紀 / Studio Bagulhoによる、大阪・高槻の店舗「和菓子司 KAMATARI」です。

 そこで、商店街の賑わいと格式を同時に実現させるために、和室を引立てる床の間のように商店街を引立てつつ、お店も同時に引立てるような「街の中の床の間」のような空間をつくれないかと考えた。具体的には、入口部分に開放できる2枚の引戸、ベンチと一体になった窓、店内まで一体となった庇を設けることで、商店街とお店を繋げるように計画した。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

***********

「街の中の床の間」

 大阪府高槻市摂津富田の和菓子店舗を改装するプロジェクト。店舗はJR摂津富田と阪急富田駅の間に連なる賑わいのある商店街の一角にある。元々和菓子店だった店舗を借り受けて、新たな和菓子屋として開業するということで、歴史の継承を感じさせる要素、活気のある商店街の雰囲気、新たな和菓子屋として格式があり、商品の引立つ店舗デザインが望まれた。

 そこで、商店街の賑わいと格式を同時に実現させるために、和室を引立てる床の間のように商店街を引立てつつ、お店も同時に引立てるような「街の中の床の間」のような空間をつくれないかと考えた。具体的には、入口部分に開放できる2枚の引戸、ベンチと一体になった窓、店内まで一体となった庇を設けることで、商店街とお店を繋げるように計画した。これによって、窓を閉めればお花を飾ることで床の間のような空間を、窓を開ければお菓子を買った人が一休みできる憩いの空間を実現した。

 同時に、これらの空間要素をより活かすために、水平要素のみ艶有塗装とし、それ以外を艶消し塗装とすることで、周辺環境や商品が際立つようなデザインとした。

 店内については、使い勝手に配慮してできる限りシンプルにし、色数を減らすことで商品が映えるデザインとした。また、前のお店から受け継いだお菓子の木型を、間接照明と合わせて、入り巾木として用いることで、歴史を感じさせる意匠とした。

 このようなデザインとすることで、一つの店舗の変化が商店街全体に影響を与えるような空間になることを目指している。
 
■建物情報
物件名称:和菓子司 KAMATARI
所在地:大阪府高槻市
工事種別:改修
用途:店舗
改修床面積:15㎡
設計・工事監理:Studio Bagulho(梅岡恒治+山田美紀)
施工:相互住宅株式会社
竣工年:2017年9月
写真:猪股純一

■プロフィール
学生時代ポルトガルに建築留学した仲間( 梅岡、山田、渡辺)3 名が、設計事務所勤務を経て、独立後、個人の設計事務所とは別に長期的視野にたち、領域横断的な活動ができることを目指して、2014 年に結成した設計チームです。

梅岡恒治/Koji Umeoka
梅岡設計事務所 代表
2006 東京大学工学部建築学科 卒業        
2008 東京大学大学院新領域創成科学研究科 修了        
2008-2013 磯崎新アトリエ スタッフ     
2013- 梅岡設計事務所 主宰       

山田美紀/Miki Yamada
山田バナナデザイン事務所 代表
2006 九州大学工学部建築学科 卒業        
2008 九州大学大学院人間環境学府 修了        
2008-2012 設計事務所 勤務     
2013- 山田バナナデザイン事務所 主宰   


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact