後藤周平建築設計事務所による、静岡の「袋井の三壁」

( )

Photo at random

後藤周平建築設計事務所による、静岡の「袋井の三壁」

architecture, feature


all photos(C)長谷川健太

後藤周平建築設計事務所が設計した、静岡の「袋井の三壁」です。
アーキテクチャーフォトで過去に特集した後藤の作品には「小笠の浮き家」「湖西の家」「アローズ鍼灸整骨院」などがあります。

3枚の壁を立て、その壁の間にできる2つの空間のうちのひとつを住宅、もうひとつを全て庭とした。壁に挟まれた閉じた庭は、壁の短手側の窓を開けることで都市と直接接続し、開放的な庭へと変化する。
中庭のようでもあり、前庭のようでもあるこの庭の変化は、室内からの風景を大きく変え、様々な質の気持ち良さが選択できる。庭の地面には白い砂利が敷かれ、日本の伝統建築のように、下からの拡散光が室内を包み、穏やかな明るさが実現している。また、砂利の大きさを敷き分けることで、限られた広さの庭の、パースペクティブをほんの少し調整している。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

袋井の三壁

住宅街にある医院の敷地内に計画された住宅。都市との距離感を調整する、フィルターのような働きをもつ庭をつくることを考えた。
ここで考えられた庭とは、都市に対して閉じた状態から、開放的な状態にまで、その開放性がコントロールできるというもので、住宅はこの庭を介して都市に接している。建て替えが進行中で、将来的な周囲の状況が予測出来ない住宅街において、都市への開き方を調整出来ることは、周囲の変化への緩やかな適応が可能になる。また、暮らしの中で、都市に対して開きたい状況と閉じたい状況は季節や、日や、時間によって常に変化していくものであり、そのような暮らしの変化にも庭を介して順応することができる。

3枚の壁を立て、その壁の間にできる2つの空間のうちのひとつを住宅、もうひとつを全て庭とした。壁に挟まれた閉じた庭は、壁の短手側の窓を開けることで都市と直接接続し、開放的な庭へと変化する。
中庭のようでもあり、前庭のようでもあるこの庭の変化は、室内からの風景を大きく変え、様々な質の気持ち良さが選択できる。庭の地面には白い砂利が敷かれ、日本の伝統建築のように、下からの拡散光が室内を包み、穏やかな明るさが実現している。また、砂利の大きさを敷き分けることで、限られた広さの庭の、パースペクティブをほんの少し調整している。
変化に富んだ庭を介して都市と接続することによって、都市と暮らしの関係がより豊かになることを期待している。

■建築概要
設計:後藤周平建築設計事務所
所在地:静岡県袋井市
構造:木造
設計期間:2014.5-2015.10
工事期間:2015.11-2016.6
敷地面積:262.38m2
建築面積:51.34m2
床面積:79.28m2 (1階36.22 m2、2階43.06 m2)
構造設計:川口達次/イーエス工房
写真撮影:長谷川健太

後藤周平/後藤周平建築設計事務所
1982年静岡県磐田市生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科、同大学院博士前期課程修了。中山英之建築設計事務所を経て2012年後藤周平建築設計事務所設立。一級建築士。

静岡県磐田市国府台2-3 2A
http://shuheigoto.com


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact