upsetters architectsによる”Harajyuku MTG point”

( )

Photo at random

upsetters architectsによる”Harajyuku MTG point”

architecture, design, feature

_MG_0905_6_7.jpg
photo©Yusuke Wakabayashi

upsetters architectsが設計した東京都原宿にあるデザイン事務所の打ち合わせスペースのデザイン"Harajyuku MTG point"です。


_MG_0882_3.jpg
_MG_0963_4_5.jpg
_MG_0974.jpg
_MG_0978.jpg
_MG_1007_8.jpg
_MG_1014.jpg
_MG_1020.jpg
_MG_1042.jpg
_MG_1092_3.jpg
_MG_1108.jpg
_MG_1109.jpg
_MG_1118.jpg
_MG_1121.jpg
_MG_1124.jpg
photo©Yusuke Wakabayashi
以下、建築家によるテキストです。
********
東京都、原宿に位置する、デザイン事務所の打ち合わせスペースのデザイン。
モダニズムの影響を色濃く受ける建築の、最上階にある対象地は、
外部に対して、効果的なプランニングと開口によって、豊かな環境を作り出していた。
そこで、できる限り "最小の操作=打ち合わせテーブルの機能を加えること" のみによって、
外部環境を取り込みながら変化する空間を作りたいと考えた。
小さな空間に、テーブル面積を最大限確保するために、
プランにそって削りだされたような天板。
机という機能によって削りだされたような足もと。
天板と足と言うテーブルの既成の構成要素を排除することで、最小限の操作でありながら、
家具としてだけでなく、空間としての表現となることを目指した。
天板はほんの少し青白く、艶のある塗装とすることで、
外部の光を受け、時間とともに水みずしくかがやき、
足は周囲をぼんやり映し込み、
周辺環境の変化に伴って、緩やかに表情を変える。
本棚は、3種類の染色を施した合板をパッチワークした材料で作られていて、
無意識に生み出されたランダムな切り返しと、周囲の光の影響を受けて落とす影とによって、わずかな揺らぎを生み出す。
形状が生み出す緊張感と、周辺環境と呼応して表情を変える空間とが、
打ち合わせスペースにふさわしい、常に新鮮な空気感を生み出しつづけると考えた。
Shuzo Okabe (upsetters architects)
■建築概要
project name : Harajyuku MTG point

completion Date : 2008.11

type : Interior Design

location : Harajyuku,Tokyo,JPN

total floor Area :25.4 sqm

photo : Yusuke Wakabayashi

construction : Ishimaru (desk), Yet(Shelf)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact