内田デザイン研究所による、京都中心部の町家等の空き地を再活用した分散型ホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」

( )

Photo at random

内田デザイン研究所による、京都中心部の町家等の空き地を再活用した分散型ホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」

architecture, feature

FUYAⅡ photo©Satoshi Asakawa

 
内田デザイン研究所による、京都中心部の町家等の空き地を再活用した分散型ホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」です。施設の公式サイトはこちらです。

ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)は、2018年10月に京都にオープンしたホテルです。京都の中心部の町家等の空き地を再活用した5棟でひとつという分散型ホテルで、「暮らすように旅をする」をイメージし、各棟にはゆったり寛げるラウンジと棟ごとに異なったファシリティがあり、どの棟に泊まっても、それぞれ相互に利用可能な町を巻き込んだ新しいスタイルのホテルです。

ディレクション、設計・デザインを内田デザイン研究所が手がけ、各棟はそれぞれ、作陶家・安藤雅信さんが「FUYAⅠ」、アーティスト・日比野克彦さんが「TOMIⅠ」、スイスのデザイナー、アトリエ・オイが「TOMIⅡ」、建築家・寺田尚樹さんが「YAMATOⅠ」と、現代に活躍する作家とコラボレーションし、さらに「FUYAⅡ」には、内田繁の茶室が置かれるなど、それぞれ独自の個性をつくることができました。
建築デザインは、白い漆喰風の壁と黒いフレームの窓、黒く横に延びる庇という最小限の要素に集約し、町並みと溶け込みながら、新しさも際立たせるための工夫をしました。また、入口には各作家による手水がシンボリックに配置されています。

※以下の写真はクリックで拡大します

FUYAⅠ(作陶家・安藤雅信とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

FUYAⅠ(作陶家・安藤雅信とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

FUYAⅠ(作陶家・安藤雅信とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

FUYAⅡ photo©Tomooki Kengaku

FUYAⅡ photo©Tomooki Kengaku

FUYAⅡ photo©Tomooki Kengaku

TOMIⅠ(アーティスト・日比野克彦とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅠ(アーティスト・日比野克彦とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅠ(アーティスト・日比野克彦とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅡ(スイスのデザイナー、アトリエ・オイとのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅡ(スイスのデザイナー、アトリエ・オイとのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅡ(スイスのデザイナー、アトリエ・オイとのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

TOMIⅡ(スイスのデザイナー、アトリエ・オイとのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

YAMATOⅠ(建築家・寺田尚樹とのコラボレーション) photo©Satoshi Asakawa

YAMATOⅠ(建築家・寺田尚樹とのコラボレーション) photo©Tomooki Kengaku

以下、デザイナーによるテキストです。

**************

ENSO ANGO

ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)は、2018年10月に京都にオープンしたホテルです。京都の中心部の町家等の空き地を再活用した5棟でひとつという分散型ホテルで、「暮らすように旅をする」をイメージし、各棟にはゆったり寛げるラウンジと棟ごとに異なったファシリティがあり、どの棟に泊まっても、それぞれ相互に利用可能な町を巻き込んだ新しいスタイルのホテルです。

ディレクション、設計・デザインを内田デザイン研究所が手がけ、各棟はそれぞれ、作陶家・安藤雅信さんが「FUYAⅠ」、アーティスト・日比野克彦さんが「TOMIⅠ」、スイスのデザイナー、アトリエ・オイが「TOMIⅡ」、建築家・寺田尚樹さんが「YAMATOⅠ」と、現代に活躍する作家とコラボレーションし、さらに「FUYAⅡ」には、内田繁の茶室が置かれるなど、それぞれ独自の個性をつくることができました。
建築デザインは、白い漆喰風の壁と黒いフレームの窓、黒く横に延びる庇という最小限の要素に集約し、町並みと溶け込みながら、新しさも際立たせるための工夫をしました。また、入口には各作家による手水がシンボリックに配置されています。

内部には、自然と目に入るよう庭を設け、京町家ならではの奥行き感を尊重しました。部屋も、「暮らす」感覚を大切にし、自分の家のような寛ぎ感を注視しました。
これからの京都の旅もホテルもサービスもますます多様化していくなかで、ここでは、京都の町や日常の魅力を同じ目線で暮らすように体験したいとおもっている旅人、新しい出会いやお気に入りの場所を求めている人など、自分流の旅のスタイルを探している人たちのための、気取らず、フレンドリーながら、きちんとしたサービスとコミュニケーションのあるホテルであることを目指すものです。

■建築概要
ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)
ディレクション 内田デザイン研究所(長谷部 匡)
設計・デザイン 内田デザイン研究所(稲垣留美+成川秀一) 
建設地:京都府京都市下京区、京都府京都市東山区
用途:ホテル
構造:鉄骨造地上5階建、鉄骨造地上4階建
建築面積(合計):1774.22m2
延床面積(合計):8383.61m2
客室総数:229室
建築設計協力:副田晃彦(副田晃彦デザイン事務所)
竣工:2018年6月
写真:淺川敏、見学友宙


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact