中本尋之 / FATHOMによる、広島・呉市のベーカリーショップ「Ripi」

( )

Photo at random

中本尋之 / FATHOMによる、広島・呉市のベーカリーショップ「Ripi」

architecture, feature

all photos©足袋井竜也

中本尋之 / FATHOMによる、広島・呉市のベーカリーショップ「Ripi」です。

広島県呉市の呉駅前にオープンしたベーカリーショップ
オーナーからの最初の要望は透明度の高い空間づくり。
厨房と売り場の境界をスチールとガラスで組みフルオープンにできるように仕切ることで、厨房は売り場に開かれライブ感のある演出が可能となった。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

***********

広島県呉市の呉駅前にオープンしたベーカリーショップ
オーナーからの最初の要望は透明度の高い空間づくり。
厨房と売り場の境界をスチールとガラスで組みフルオープンにできるように仕切ることで、厨房は売り場に開かれライブ感のある演出が可能となった。

しかし、視覚的には透明度を演出できたが、オーナー求めるカタチはより感覚的な意味での透明度ではないだろうかと考えた。

そこで新たな手法として厨房と売り場の設えのバランスを平均的に揃えることで
二つの空間の連続性を高める事が感覚的な透明度に繋っていくのではと考えた。

ここで大事なのは二つを全く同じ空間にするのではなく、各空間の基本的な設えや機能は残しつつ平均化させる事である。

厨房は少し演出し
(排気フードにボリューム感をもたせ特殊な石灰ペイントでの色むらとグラフィックデザインを入れ込む)

「売り場は機能的に装飾を少しだけそぎ落とした」
(照明にはあえて看板照明を用いるなど、厨房機器の一部のように機械的な手法や素材での空間構成を試みた。
また厨房で3段4枚のオーブンを用いていることから、売り場部分にも3 x 4のコンセプ トで作られた12本の /(スラッシュ) のネオンサインを取り付けることで
売り場にもオーブンの気配を感じさせることができないかと考えた。)

二つの空間は機能を主張したままお互いに補完しあい視覚のみではなく五感で繋がりを感じさせることに成功したのではないかと思う。

無機質な素材と色で空間を平均化したことで
有機的なものは中央の白い平台とパン、植栽、人間のみになる

パンの焼く香りや艶感、職人のパンに対する思い、売り手の温もりが無機質な空間に対比させることでアートピースのように意思をもち輝きを放つことで
お客様には雰囲気として自然に伝達していくように設計した。

■建築概要
名称:Ripi
計画地:広島県呉市中央
設計:FATHOM 中本尋之
施工:松原ハウジング
特注建具・金物:賀茂クラフト
塗装:Shono paint works
竣工年 2019年5月
建築面積;44.2㎡
用途:ベーカリーショップ
写真:足袋井写真事務所 足袋井竜也


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact