山崎壮一建築設計事務所による、埼玉の住宅「大宮の家」

( )

Photo at random

山崎壮一建築設計事務所による、埼玉の住宅「大宮の家」

architecture, feature

all photos©小川重雄

山崎壮一建築設計事務所が設計した、埼玉の住宅「大宮の家」です。

埼玉県さいたま市、T字型敷地の中央に母屋が建っている。この母屋の隣に新しいすまいを増築する計画である。四方は隣接する2階建て住宅に囲まれているため、プライバシーを確保しながら快適な住環境をつくることがテーマとなった。また車3台分の駐車スペースを確保することも求められた。

平面は中央にデッキテラスを設けたロの字型プラン、空に開かれた中庭を生活空間が取り囲むかたちとなっている。テラスの建具は大きく開放することができ、内外が一体的につながる。中(空)に向かって大きく開き、外へはハイサイド窓で程よくつながる。安心で快適な住空間をつくることができた。

本住宅では外観においても内観においても、建築の構成部材が順々に積み上がる様子が見えている。組立てのプロセスが姿として現れ、家を構築する楽しさが伝わるような作り方を目指した。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

埼玉県さいたま市、T字型敷地の中央に母屋が建っている。この母屋の隣に新しいすまいを増築する計画である。四方は隣接する2階建て住宅に囲まれているため、プライバシーを確保しながら快適な住環境をつくることがテーマとなった。また車3台分の駐車スペースを確保することも求められた。

そこで、地上階はRC造のピロティとし、その上に木造の平屋を乗せる構成とした。地上部分は車のためのスペース、持ち上げられた明るく風通しの良い場所が人のための生活空間である。

まず地上レベルに最小限のRC独立壁を配置した。バランスよく壁を配置することで、駐車場・アプローチ・エントランスの空間に分け、地上階のプランが作られている。

次にこの独立RC壁の上に木造の大梁を渡し掛けた。木の大梁をできるだけ張り出し、床を貼って広々とした住空間を確保する。その上に柱を立て、梁を架け、垂木を渡し、屋根を乗せる。このとき縦横に架かる横架材はレベルを変え、積むように組み上げた。これにより梁は長く自由に走る。伸びやかに走る梁が空間をつなぎ、一方で空間を区切る。またレベルの違いからうまれる隙間が、欄間となって内部空間を曖昧につなぎ、外周部においてはハイサイド窓となった。

平面は中央にデッキテラスを設けたロの字型プラン、空に開かれた中庭を生活空間が取り囲むかたちとなっている。テラスの建具は大きく開放することができ、内外が一体的につながる。中(空)に向かって大きく開き、外へはハイサイド窓で程よくつながる。安心で快適な住空間をつくることができた。

本住宅では外観においても内観においても、建築の構成部材が順々に積み上がる様子が見えている。組立てのプロセスが姿として現れ、家を構築する楽しさが伝わるような作り方を目指した。

■建築概要
主要用途:住宅
構造:RC造+木造
構造設計:なわけんジム
施工:渡辺富工務店
写真:小川重雄
所在地:埼玉
竣工:2019


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact