熊木英雄 / オーガニックデザインによる、東京・港区のオフィス「Re Bar」

( )

Photo at random

熊木英雄 / オーガニックデザインによる、東京・港区のオフィス「Re Bar」

architecture, feature

all photos©Y.Okamura

熊木英雄 / オーガニックデザインが設計した、東京・港区のオフィス「Re Bar」です。

芝浦の築33年の大手電機メーカーの倉庫兼R&D(研究開発)センターとして使われていた建物の一部をリノベーション。今回設計した150㎡は、1380㎡のフロアを使う将来のクライアント企業へのプレゼンテーションの役割も果たす。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

躍動感を通し、モチベーションを増幅させる“鉄筋”の壁

芝浦の築33年の大手電機メーカーの倉庫兼R&D(研究開発)センターとして使われていた建物の一部をリノベーション。今回設計した150㎡は、1380㎡のフロアを使う将来のクライアント企業へのプレゼンテーションの役割も果たす。

まず、建物が全館空調のため、空気の流れを妨げない壁を作る必要があった。そこで壁の役割を再定義することから設計をスタートさせた。

Warehouse Market Tokyo「ReBar」 の、” ReBar”とは、”鉄筋(Reinforced Bar)”の意味。
鉄筋は普段、コンクリート(Reinforced Concrete)の強度を確保するものとして使われ表に出てくるものではないが、今回はコンクリートの覆いを外しながら空間を包み込んだ。内部で行われるレクチャーやディスカッション、ブレーンストーミングなど、企業活動を躍動させる対話が、鉄筋メッシュの壁から自然と”溢れ出す”ことを狙っている。
「ReBar」の壁は隔てるものではなく溢れ出すもの、中と外で化学反応を起こしながら、入居した企業がクリエイティブな成長を遂げる様をイメージした。

心理的に落ち着く水色の内部空間と、執務空間を隔てるホワイトの無機質な異形鉄筋。熱量を交換し増幅できるインタラクティブな鉄筋の壁が、組織のモチベーションを上げる役割を担うことを期待している。

■建築概要
竣工:2019年5月
所在地:東京都港区海岸某所
プロジェクト名:「Re Bar」(オフィス)
クライアント:Re-SOHKO inc.
設計者:オーガニックデザイン一級建築士事務所/担当:熊木英雄・夛田優一 
施工:㈱礎コラム
フォトグラファー:Y.Okamura
面積:150㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact