沖縄”玉陵”
京都大学、竹の建築建設へ

0.79 京都大学、竹の建築建設へ

京都大学が、竹を構造とする建築の建設に取り組んでいるようです

京都新聞が伝えています。

再生可能で成長が早い竹を木材の代わりに柱や壁、はりなど建築部材に活用するプロジェクトを、京都大の松重和美副学長らが始めた。耐震性の実証など解決すべき課題は多いが、竹の産地でもある洛西地域の京大桂キャンパス(京都市西京区)に、竹による本格的な施設の建設を目指している。

リンク先で、作成された模型の写真を見ることもできます。

2007年アガカーン建築賞 スウェーデン建築美術館”画像検索”

0.18 スウェーデン建築美術館”画像検索”

スウェーデン建築美術館のサイト内の画像検索コーナーで、スウェーデンの建築家が設計した建物の写真や、図面を検索することができます

言語の意味が正確にわからないのですが、”Arkitekt”の所に建築家名を入れて、下の”sok”ボタンを押すと検索できます。

CKRの建物写真や、レヴェレンツやアスプルンドの図面なども検索できるので、資料探しには便利かも知れません。

柳宗理デザインの椅子が復刻 藤森照信、黒川紀章を語る

0.32 藤森照信、黒川紀章を語る

藤森照信に、黒川紀章についてインタビューしている記事が、KEN-platzにあります

常に時代と社会から建築を説明しようとした点も黒川氏の特徴だ。建築家は建築を説明する際に自分の問題としてとらえることが多い。ところが、黒川氏は違う。時代や社会の視点から説明する。

黒川紀章の建築に対する姿勢を非常にうまく解説しています。

(via dezain

出版記念トーク・大阪”堀部安嗣の建築 form and imagination”

0.32 出版記念トーク・大阪”堀部安嗣の建築 form and imagination”

“堀部安嗣の建築 form and imagination”の出版記念トークが大阪でも行われます

先日、東京の南洋堂で行われる、出版記念トークを紹介しましたが、大阪でも行われるようです。

パネリストと、司会者が東京とは異なり、堀部安嗣、竹原義二、横内敏人がパネリストで、司会者は松隈洋が務めるようです。
大阪版のゲストは建築家関係者ばかりなので、東京版とはまた違った感じになりそうですね。

概要は、以下の通り。

トニー・フレットンと、MUMAがバース大学芸術館のコンペの最終候補に

0.29 トニー・フレットンと、MUMAがバース大学芸術館のコンペの最終候補に

トニー・フレットンと、MUMAがバース大学芸術館のコンペの最終候補に残ったようです

Building Designより。
リンク先で、CGドローイングを1枚見ることができます。
※CGは、どちらの案か明らかにされていないようです。

トニー・フレットン(公式)
シンプルで美しい建物を設計する建築家です。

今村創平の海外出版書評”シンプル・イングランド”でも、トニー・フレットンについて言及しています

MUMA(公式)

インタビュー”隈研吾・後編”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。