フィリップ・プロによるフランスのノートルダム・ドゥ・ロレットに建つリング状の第一次世界大戦の戦没者慰霊施設「The ring of remembrance」の写真

0.00 フィリップ・プロによるフランスのノートルダム・ドゥ・ロレットに建つリング状の第一次世界大戦の戦没者慰霊施設「The ring of remembrance」の写真

フィリップ・プロによるフランスのノートルダム・ドゥ・ロレットに建つリング状の第一次世界大戦の戦没者慰霊施設「The ring of remembrance」の写真がdomuswebに掲載されています

フィリップ・プロが設計した、フランスのノートルダム・ドゥ・ロレットに建つリング状の第一次世界大戦の戦没者慰霊施設「The ring of remembrance」の写真が6枚、domuswebに掲載されています。

藤原徹平 / フジワラテッペイアーキテクツラボによる、東京の築44年の住宅リノベーション「POLY-HOUSE」の写真

0.00 藤原徹平 / フジワラテッペイアーキテクツラボによる、東京の築44年の住宅リノベーション「POLY-HOUSE」の写真

藤原徹平 / フジワラテッペイアーキテクツラボのサイトに、東京の築44年の住宅リノベーション「POLY-HOUSE」の写真が掲載されています

藤原徹平 / フジワラテッペイアーキテクツラボのウェブサイトに、東京の築44年の住宅リノベーション「POLY-HOUSE」の写真が11枚、掲載されています。

・東京に建つ築44年の住宅のリノベーション

・ひとつの「住宅」を設計するのではなく、家族の活動の拠りどころとのなる「小さな建築
=居住装置」をいくつも埋め込んでいく

・住宅全体に光と風が抜けるように、開口を設計していく

・「小さな建築=居住装置」が家族と家族、家族とゲスト、
ゲストとゲストをつなぐプログラムになる

・一家族一住宅ではない、これからの新しい住宅像の試み

髙橋真紀建築設計事務所による埼玉の住宅「シナの木と白い家」
サムネイル:髙橋真紀建築設計事務所による埼玉の住宅「シナの木と白い家」

0.00 髙橋真紀建築設計事務所による埼玉の住宅「シナの木と白い家」

00takahasisama
photo©shigeta satoshi/nacasa & partners inc

髙橋真紀建築設計事務所が設計した埼玉の住宅「シナの木と白い家」です。

建物の主架構は視線を遮る南北2枚の大きな木の壁と、間に架けられた3層の床と小屋組からなる。木の壁の内側は生活の拠り所となるよう全面をシナの棚とし、両脇を鉄骨で補強された白い壁で挟み、棚壁と白い壁との間にできる隙間にスリット状の縦長窓と公園から道路へ抜ける吹抜けをつくり、窓の前には緑の少ない街のために木陰をつくる3本の木を植えている。

ドレル・ゴットメ・田根 / アーキテクツによるインスタレーション「LIGHT is TIME」の日本凱旋展の会場写真

0.00 ドレル・ゴットメ・田根 / アーキテクツによるインスタレーション「LIGHT is TIME」の日本凱旋展の会場写真

ドレル・ゴットメ・田根 / アーキテクツによるインスタレーション「LIGHT is TIME」の日本凱旋展の会場写真がjapan-architcs.comに掲載されています

ドレル・ゴットメ・田根 / アーキテクツによるインスタレーション「LIGHT is TIME」の日本凱旋展の会場写真が21枚、japan-architcs.comに掲載されています。アーキテクチャーフォトでは、ミラノサローネ2014で発表された同作品を特集記事として紹介しています

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。