川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSによるインスタレーション「Small Wooden Installation」

1,981.21 川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSによるインスタレーション「Small Wooden Installation」

川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSによるインスタレーション「Small Wooden Installation」 photo©KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTS

川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSによるインスタレーション「Small Wooden Installation」です。

日本にゆかりのあるヨーロッパのアーキテクトが招待されたグループ展「Dialoge Japan:Europa」のために制作したちいさなインスタレーション.

招待されたのはヨーロッパの同世代のアーキテクトたちで,スウェーデンからArrhov Frick,ベルギーからEagles of Architecture,オランダからStudio Maks,ポルトガルからFala Atelier,イタリアからStudio Spazio,ルーマニアからUNULAUNU,スイスからAtelier AmontとFrundgallina,そしてドイツからはNKBAKとわれわれKAWAHARA KRAUSEの計10組で,それぞれが大きさ2坪程度のインスタレーションを,ギャラリーから提供される木材を用いて制作することを求められました.

建築家によるテキストより

この展覧会はミュンヘンでの会期後ハンブルクに巡回することが計画されていることから,われわれは与えられた材料のうち34mm角の角材のみを用いて輸送が簡単な棒状のユニットを作り,
徐々にそれらの距離を離しながらメガホン状に2列に並べることで現れるイメージを提示しました.

建築家によるテキストより

そのイメージが何を意味するのかということよりも,それが観る人たちの連想力をかき立てるものになれることを目指しました.直接的すぎず,かといって間接的すぎず,ほどよく具体的で,なんとなく抽象的なものが,観る人たちの想像をふくらませる「トリガー」のようなものになってくれればと思っています.そこに何か日本的なものを見つける人もいれば,西欧的なものを見つける人もいるかもしれないし,あるいはまったく別のものを思い起こす人もいるでしょう.大切にしたかったのは眼の前にあるこのインスタレーションが,それそのもの以上のものを喚起する「きっかけ」を提供することです.

建築家によるテキストより
長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・江東区の「ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ」

2,968.06 長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・江東区の「ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ」

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・江東区の「ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ」 photo©太田拓実

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・江東区の「ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ」です。2015年2月に長坂の設計でオープンした同店舗を、使われ方の変化により再び改修した建築です。2015年竣工時の写真はこちらのページで閲覧できます

ブルーボトルコーヒージャパンのロースタリー兼本社と兼ねて生まれたカフェだが、さらなる店舗数に対応するため、新たなロースタリー専用の工場を用意したことにより、清澄からロースタリー機能を取り除き、スペース余ったのでその分カフェ機能を拡張することになった。
また、旗艦店として特別なメニューを用意し、テーブルオーダーとテーブル会計のフルオーダー接客に対応できるようにした。同時にテイクアウト専用カウンターを設け、新しいサービス形態をとっている。
また、よりコーヒーへの興味を促すため、コーヒーの入れ方や豆の違いを教えるコンシェルジュのようなC barやコミュニケーションをとりながら目の前で(生で)コーヒーの入れる姿を(方を)見ることのできる(学べる)バーカウンター席などがある。また、バリスタ自身がトレーニングするキッチンもその奥にあり、その様子を窓越しに体験することができる。

造りとしても、既存のインダストリアル感強い表情、グレイに塗られたスチールとLSLを基調にした空間に新たにオーク材で統一した家具を足し、また客席を着色されたエポキシを流すことで今までとは異なる温かみを足した。

建築家によるテキストより

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。