前田紀貞アトリエによる”AG+”

( )

Photo at random

前田紀貞アトリエによる”AG+”

architecture, feature

maedaag01.jpg

前田紀貞アトリエが設計した神奈川県藤沢市の住宅"AG+"です。


maedaag02.jpg
maedaag03.jpg
maedaag04.jpg
maedaag05.jpg
maedaag06.jpg
maedaag07.jpg
maedaag08.jpg
maedaag09.jpg
以下、建築家によるテキストです。
********
余りもの
(ロフト建築)
クライアントからの強い要望である「出来る限り多くの床面積」は、延床面積計算に算入されることのない「天井高1.4mのロフト空間(=子供部屋)」を主人として扱う、という方法によって具体化される。
これは、通常“余りもの”として扱われがちなロフト空間に、面積的意味だけでなく空間的能力をも与えてみたい、という思惑である。
“余りもの”は、“1階・2階の中間”に、強引に“割り込みさせられた”かのような顔つきで宙づりになっているのだが、このやり方こそが、Ag+の空気の質を見慣れぬものにするエンジンとして働く。
“余りもの”は、1階でも2階でもないその中間の“割り込みの位置”の外周に開口部を約束し、そこから採光・通風・外部を導き入れるのだが、それと同時に、“アルミ鏡面仕上げの天井”が、風景の実像・虚像を映し合うことで、ロフト空間の「奥行感」と「輪郭感」を消し去るよう作動し始める。
ロフトの明確な領域の測定が困難になること。
鏡面仕上げによる虚実の映し合いは、モノとしての存在感が消し去られるその分だけ、逆に、周囲にコトとしての空気のエネルギーの揺れを起こす契機になってゆく。
1階足元スリットから入り込む水盤と2階床吹き抜けから注ぎ込む光の情景は、“余りもの”の仕事がより順調になるよう力を貸してくれることになる。
真四角な箱の中の“余りもの”としてのロフトは、【縦空間の床の間】の如き黒子として、そこで遊ぶ子供達とそれ以外の場所とのコミュニケーションを、着実にコントロールしてゆくような 隠された装置として働いているのだ。
■建築概要
場所:神奈川県藤沢市
用途:専用住宅
構造:木造2階建て
敷地面積:117.86㎡
建築面積:46.99㎡
延床面積(法床面積):93.98㎡
ロフト面積:13.86㎡
最高高さ:7.2m
竣工:2008年12月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact