岩橋翼建築設計事務所による大阪のビルのワンフロアの改修「通りの小屋」

( )

Photo at random

岩橋翼建築設計事務所による大阪のビルのワンフロアの改修「通りの小屋」

architecture, feature

SBPR_107_DC33827_S

SBPR_121_DN11166_S
photo(C)太田拓実

岩橋翼建築設計事務所が設計を手掛けた大阪のビルのワンフロアの改修「通りの小屋」です。

SBPR_105_DC33801_S

SBPR_106_DN11020_S

SBPR_110_DN11005_S

SBPR_112_DC33817_S

SBPR_113_DC33852_S

SBPR_114_DN11054_S

SBPR_117_DN11185_S

SBPR_118_DN11062_S

SBPR_123_DN11151_S

SBPR_126_DC33893_S

SBPR_127_DN11119_S

SBPR_128_DN11125_S

SBPR_129_DN11140_S

SBPR_130_DN11189_S

SBPR_135_DN11265_S

SBPR_138_DN11249_S

SBPR_139_DN11255_S

SBPR_140_DN11259_S

以下、建築家によるテキストです。

**********

まちの通りや広場の様に、その場所を、人々が行き来し、寄合う場所にしようと考えたのが、我々のイメージの始まり
です。
都市にある、小さな会社が建ち並ぶ築40 年の貸事務所ビルのワンフロアの共用部を改装しました。
階段を上がり、そのフロアに脚を踏み入れると、小さな小屋が目の前に現れます。
我々は既存の狭い廊下の一部を拡張し、集まれる小屋をつくりました。
小屋は、その場所を単なる廊下から、風景へと様相を変えます。
フロアの中心に配置された木の小屋は、靴を脱いであがることで、各々の個室で行われるコミュニケーションとは違っ
た形で、新たな発想や繋がりといった価値を創造します。
外部空間として見立てた廊下には、その小屋や植栽が配置され、外光をイメージした照明が、そこに面した窓を通して、
それぞれの個室に日差しを差込みます。
個室から窓越しに垣間見える小屋と緑は、通りを行き交う人と相まって、まちの通りの風景を連想させます。
それは、隣接するビルが近い為に、直接的に太陽光を感じられない薄暗い個室に、新たに外部環境を提供することを意
図しています。
使っていくうちに、環境が育っていく様に、時間の経過によって、季節によって、小屋のある通りの風景が深くなって
いくことを願っています。

■建築概要
Location : 大阪市西区
Completion : Feb. 2014
Floor Area : 150m2
Owner credit : 株式会社ジーベックリアルプロパティ.
Photos credit : 太田拓実
Drawing credit : 岩橋翼建築設計事務所
Tsubasa Iwahashi | Architects
大阪市西区西本町1-8-2
三晃ビル903
550-0005
t 06 6537 7819 f 06 6537 7661


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact