今治市伊東豊雄建築ミュージアムでの展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2014」の会場写真

( )

Photo at random

今治市伊東豊雄建築ミュージアムでの展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2014」の会場写真

architecture, exhibition, feature

ito-museum001
photo(C)中村絵

今治市伊東豊雄建築ミュージアムでの展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2014」の会場写真です。会期は、2015年6月14日まで。展示に合わせて様々なイベントも企画されています。

大三島には13の集落があります。今でこそ陸路が整備され、集落間の往来は容易になりましたが、かつては海上交通が中心で、島内よりも周辺の島々との交易が盛んだったこと、また、海や山の間の限られた土地に集落を築いてきた結果、集落ごとに少しずつ異なる文化や生活習慣が形成されてきました。本展では、13の集落の紹介に始まり、プロジェクトルームでは「盛」「瀬戸」「宮浦」「宗方」の4つの集落における“人びとが集える小さな場所”を提案します。集落に点在する空き家など、現存の建物を生かしながら、島内外の人びとがゆるやかに交わる場所づくりを考えます。

ito-museum002

ito-museum003

ito-museum004

以下、伊東豊雄による展示についてのテキストです。

***********

瀬戸内の美しい多島海の中央に位置する大三島は、人口約6,300人を有する、瀬戸内海で5番目に大きな島です。温暖な気候に恵まれ、みかんを中心とした農業が盛んで、冬から春にかけては様々な種類の柑橘が景色を彩ります。また、島の中心部には日本総鎮守と呼ばれる大山祇神社が鎮座し、歴史ある「神の島」としても知られています。

この地に日本初の建築ミュージアムとして開館した今治市伊東豊雄建築ミュージアムでは、2014年7月26日より開館3周年を記念した展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト」を開催します。私が塾長を務める伊東建築塾の塾生有志が、2012年より取り組んできた「日本一美しい島・大三島で暮らすプロジェクト」をベースに、新たな提案をいたします。

私たちは、これまで幾度も大三島に足を運び、島の歴史や民俗についての調査を行い、住民との対話を重ねる中で、海と山に囲まれた美しい風景、潮風を浴びて育った柑橘、そして自然に抗わない人びとの暮らしに魅了されてきました。島に住む多くの人は、「ないものを求めるのではなく、あるものを生かす」という理念を持っています。太陽と海の恵みを享受しながら長い歴史を刻んできたこの島には、利便性を追いがちな都会にはない豊かな風土が、今もなお脈々と受け継がれています。

本展では、これまでの常設展示を全面的にリニューアルし、島の景色や人びとの営みを伝える写真や映像と共に、「日本一美しい島・大三島」をつくるためのプロセスを展示します。今後、長期的に取り組んでいくプロジェクトの幕開けとなる今年度は、大三島の魅力を最大限に引き出すための提案を示し、島に暮らす人びとと共に大三島の将来像を考えます。

伊東豊雄

■展覧会概要
今治市伊東豊雄建築ミュージアム開館3周年記念展日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2014
2014年7月26日(土)〜2015年6月14日(日)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact