長坂常 / スキーマ建築計画による渋谷パルコの店舗「CABANE de ZUCCa」

( )

Photo at random

長坂常 / スキーマ建築計画による渋谷パルコの店舗「CABANE de ZUCCa」

architecture, feature

01_CZSP_123_DN19880_pre_S

02_CZSP_101_DC36873_pre_S
all photos(C)Takumi Ota

長坂常 / スキーマ建築計画が設計を手掛けた渋谷パルコの店舗「CABANE de ZUCCa」です。

我々は亜鉛メッキでもクロムメート処理というまた異なるメッキを使用し表情を変えることで過去との差別化をはかりつつ、多様なニーズに対応しうるユニット式の櫓を構成要素としたシンプルな空間をデザインした。

※以下の写真はクリックで拡大します

03_CZSP_102_DC36888_pre_S

04_CZSP_107_DN19805_pre_S

05_CZSP_110_DN19848_pre_S

06_CZSP_111_DN19791_pre_S

07_CZSP_108_DC36894_pre_S

08_CZSP_112_DC36855_pre_S

09_CZSP_113C_DC36844_pre_S

10_CZSP_121_DN19865_pre_S

11_CZSP_105_DN19820_pre_S

以下、建築家によるテキストです。

***********

CABANE de ZUCCa渋谷パルコ店の改修デザインを行った。高校卒業したての頃、ファッションに無頓着な僕ですら知っていた表参道のCABANE de ZUCCaフラッグシップ。外から眺めてばかりだったが、当時あまり仕上として使用されることのなかった亜鉛メッキ溝付を利用したシンプルな店舗空間は僕にとって刺激的で今でも記憶にある。そんなことで既存のパルコのお店を最初に訪れたとき、その趣が変わっており、その記憶が少し曇った。そこで、我々はその曇りを取り除くべく、シンプルでありながら過去とは差別化をはかり、同じように刺激を発することのできる空間を模索した。そこで、我々は亜鉛メッキでもクロムメート処理というまた異なるメッキを使用し表情を変えることで過去との差別化をはかりつつ、多様なニーズに対応しうるユニット式の櫓を構成要素としたシンプルな空間をデザインした。
 
また、この店舗スペースの特徴として真ん中に太い柱が存在すること、またメンズ、レディースという2つのカテゴリーから構成されることでつい空間が二分し、広い間口の魅力が半減するところがあった。今回、メンズとレディース以外にzucca dayzという3つ目のカテゴリーが加わることによって、簡単に二分することも出来ず、櫓をその柱を取り囲むように配置し、領域を横断させることで全体を繋げ、広い間口としての魅力を維持し、入りやすい開かれたファサードをつくった。

■建築概要
題名 : CABANE de ZUCCa 渋谷パルコ店
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:會田 倫久/スキーマ建築計画
所在地:東京都渋谷区宇田川町 15-1 渋谷パルコ3F
主用途:店舗(アパレル)
施工:株式会社 TANK
敷地面積 : 116.9m²
延べ床面積 : 116.9m²
構造:RC造
竣工:2014年8月
写真:太田拓実


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact