Buttondesign 村上 譲・菊田 康平による「盛岡の家」

( )

Photo at random

Buttondesign 村上 譲・菊田 康平による「盛岡の家」

architecture, feature

00th__29G1076
all photos(C)淺川敏

Buttondesign 村上 譲・菊田 康平が設計した「盛岡の家」です。

築25年のマンションの一室の改修である。
子供達が独立し、夫婦二人暮らしになったことで、所謂3LDKという間取り自体が不自由なものに感じたことがこの計画の始まりだった。

かつて子供達が使っていた部屋も、沢山あった荷物や家具も必要なくなった。
趣味のダンスの練習を家でしたい。あとは料理をつくり、食べ、寝る。それが出来れば十分。
それがクライアントからの希望であった。

※以下の写真はクリックで拡大します

th__29G0956

th__29G0994

th__29G1002

th__29G1037

th__29G1050

th__29G1060

th__29G1081

th__29G1090

th__29G1116

th__29G1139

th__29G1160

th__29G1176

th__29G1213

th__29G1224

th__29G1227

th__29G1230

th__29G1234

th__29G1235

moriokanoie-heimenzu

以下、建築家によるテキストです。

**********

盛岡の家

築25年のマンションの一室の改修である。
子供達が独立し、夫婦二人暮らしになったことで、所謂3LDKという間取り自体が不自由なものに感じたことがこの計画の始まりだった。

かつて子供達が使っていた部屋も、沢山あった荷物や家具も必要なくなった。
趣味のダンスの練習を家でしたい。あとは料理をつくり、食べ、寝る。それが出来れば十分。
それがクライアントからの希望であった。

水廻りの位置は移動せず、それ以外の部屋の間仕切りは解体し、大きなワンルームへと変更した。
寝室とリビングの間仕切りを開ければ広々とダンスの練習ができる。
既存床の複数の段差を整理すると同時に、防音材を施しダンスをする際の騒音対策とした。
また、天井レベルも家具の高さに合わせ2250mmと既存天井よりも低く抑えた。

新たな家具なども増やさず、クライアントが使い続けた家具と照明、籠や陶器など、その家族と過ごして来たモノ・時間に新しく作られた空間が寄り添うようにしたいと考えた。

今ある生活の要素を見直し減量していく作業こそが、量から質へと求めるモノが変わって行く世代にとって
スタンダードな生活のモデルとなっていくように思える。

■建築概要
盛岡の家
所在地: 岩手県盛岡市
竣工年: 2014
設計: Buttondesign 村上 譲・菊田 康平
施工: 村上建築工舎 村上 聡
面積: 66.35㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact