フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県草津市の住宅「フレーミングする家」

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県草津市の住宅「フレーミングする家」

architecture, feature

framing00

framing01
all photos(C)Yoshihiro Asada

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した、滋賀県草津市の住宅「フレーミングする家」です。

クライアントの要望は、居住スペースの他にギャラリー化できるスペースを設けることであった。
この要望が建物に特徴ある空間を生み出す起点となっている。
建物を特徴づける街路から建物奥まで続く通路は、居住スペースとギャラリーへの動線としての機能を持つ。
この空間は奥に続く中庭をフレーミングし、外部からの見通しに遠近感を与えている。

※以下の写真はクリックで拡大します

framing02

framing03

framing04

framing06

framing07

framing08

framing09

framing10

framing11

framing12

framing13

framing14

framing15

framing16

framing17

framing18

framing19

framing20

framing21

framing22

framing23

framing24

framing25-g

framing26-f

framing27-s1

framing28-s2

以下、建築家によるテキストです。

**********

クライアントの要望は、居住スペースの他にギャラリー化できるスペースを設けることであった。
この要望が建物に特徴ある空間を生み出す起点となっている。
建物を特徴づける街路から建物奥まで続く通路は、居住スペースとギャラリーへの動線としての機能を持つ。
この空間は奥に続く中庭をフレーミングし、外部からの見通しに遠近感を与えている。
また、居住スペースとギャラリーとの領域を繋ぐ役割を果たしながら、半屋外空間としても多目的な利用が可能になり、生活空間をより豊かにする。
各スペースは、それぞれの領域を分けているが、フレーミングした壁の開口によって視線が繋がり、お互いの気配を感じながら暮らしていけることを意図している。
上階の居住スペースは、窓、書棚、収納、部屋を、繊細な色彩とミニマムな形状でフレーミングし、区切りながらも繋がりと距離感のあるスペースをつくり出している。
この住宅は、半屋外通路スペース、ギャラリー、居住スペース、それぞれが、フレーミングの中で領域を語りながらも、住空間に豊かな繋がりを生み出しいている。

■建築概要
所在地:滋賀県草津市
竣工年:2015
構造:木造
敷地面積:158,83m2
延床面積:127,85m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact