小泉一斉+千葉万由子 / Smart Running一級建築士事務所による、千葉の住宅「モンタージュ2」

( )

Photo at random

小泉一斉+千葉万由子 / Smart Running一級建築士事務所による、千葉の住宅「モンタージュ2」

architecture, feature

montage000-1

montage000-2
all photos(C)Smart Running 小泉一斉

小泉一斉+千葉万由子 / Smart Running一級建築士事務所が設計した、千葉の住宅「モンタージュ2」です。

 形態は、空間は、あるいは視覚は、厳密に幾何学的に、また様々な建築言語の引用により決定されている。自立した方形の屋根は篠原一男の『から傘の家』が初期イメージであり、空間の気積は、吉村順三や清家清の住宅に負うところが多い。形態においては、基壇、列柱、ペディメントに端を発する西欧的「美」の三層の構成、特にル・コルビュジェのサヴォア邸のプロポーションを意識化している。また、里山という自然と人の営みの美しい融合に対して、1991年のクリストのアンブレラ・プロジェクトを引用し、カルチャーとネイチャーの対比性を用いて環境にプロットする方法を選択した。

※以下の写真はクリックで拡大します

montage001-1

montage001-2

montage001-3

montage001-4

montage001-5

montage001-7

montage001-8

montage002-1

montage002-2

montage002-3

montage002-4

montage002-6

montage002-7

montage002-8

montage002-9

montage002-10

montage002-11

montage002-12

montage002-13

montage002-14

montage003-1

montage003-2

montage003-3

montage003-4

montage003-5

montage004-01

montage004-02

montage004-03

montage004-04

montage004-05

montage004-06

以下、建築家によるテキストです。

***********

「モンタージュ2」設計主旨

 敷地は、千葉県東金市の山深い里山の村落に位置する。敷地東にすぐ山を背負い、山から流れ出る水が敷地地盤下を通っている。四方を山に囲まれるため、水はけが悪く、千葉にあって寒暖の差が激しい。
 施主は65歳の娘と89歳の母。核家族といった一般的な家族像からはずれる。歳月を重ねていくことによる身体的変化に対応出来るような機能配慮と、母娘が個として自立し、同時に相互に依存出来るような空間プログラムが必要とされた。
 広い敷地を持て余すため、敷地の真ん中に出来るだけ大きく建物を配置することを求められたことから、正方形の平屋をプロットすることとした。人工地盤を地面から1mほど上げて計画し、湿気溜まりである床下、敷地を風通りの良いものとした。これはコンクリートの基礎立ち上げにより分散的に人工地盤を支持し、鉛直荷重のみを外周部の50Φのスチール無垢材が受け持つ。
 人工地盤の上部に木造軸組の平屋をのせ、軒の深い方形屋根で覆った。方形屋根は内部においてその勾配により空間決定の要素ともなっており、棟に柱や束を設けずに隅木のみで構造を担保している。
 平面計画は、図式的に決定している。中心にリビング・ダイニング、この四周を風車状にふたつの個室、水廻り、玄関土間、インナーテラス、バルコニーがガラス框戸を境界にして配置されている。框戸の開閉で各室はフレキシブルに閉じ、また開く。
 視覚的には中央のリビング・ダイニングからガラス越しに周辺部の部屋を通り、開口部を通じて外部環境へ注ぐ。これは一望監視的なシステムでなく、生活シーンを重ね合わせるモンタージュとして機能する。
 外壁面の開口内法高は1800mmであり、この上部から勾配天井が建物中央へ上る。外光は間接光となってこの天井をなぞるように建物中央まで照らす。
 形態は、空間は、あるいは視覚は、厳密に幾何学的に、また様々な建築言語の引用により決定されている。自立した方形の屋根は篠原一男の『から傘の家』が初期イメージであり、空間の気積は、吉村順三や清家清の住宅に負うところが多い。形態においては、基壇、列柱、ペディメントに端を発する西欧的「美」の三層の構成、特にル・コルビュジェのサヴォア邸のプロポーションを意識化している。また、里山という自然と人の営みの美しい融合に対して、1991年のクリストのアンブレラ・プロジェクトを引用し、カルチャーとネイチャーの対比性を用いて環境にプロットする方法を選択した。平面プログラムは、村落共同体や家族幻想が解体されていく過程における新たな共同体を包摂し、施主の記憶の継承として民家の田の字プランを変形して再度取り込むことを試みた。

小泉一斉

■建築概要
計画名称 :モンタージュ2
計画敷地 :千葉県東金市
工事用途 :専用住宅
構造・規模:木造在来軸組工法 地上1階
敷地面積 :333.76m2
建築面積 :94.03m2
延床面積 :86.95m2
建坪率  :28.17%<60%
容積率  :26.05%<200%
全面道路 :南 幅員4m公道
区域区分 :指定無し
防火指定 :法22条区域
最高高さ :4.70m
最高軒高 :3.97m
設計/
Smart Running一級建築士事務所
担当:小泉一斉 千葉万由子
構造設計/
桑子建築設計事務所
担当:桑子亮
施工/
仲佐建築工房
担当:仲佐誠
施主/
娘+母(2名)
設計期間 :2013年12月〜2014年10月
工事期間 :2014年11月〜2015年8月

■経歴
小泉 一斉
1971  千葉県生まれ

1996  武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業

1998  芝浦工業大学大学院修士課程修了

1998~ 乃村工藝社

2001~ 入江経一+Power Unit Studio

2003  Smart Running設立


2003~ 東京テクニカルカレッジ非常勤講師

2008~ 武蔵野美術大学造形学部建築学科非常勤講師
2013〜 東京造形大学造形学部デザイン学科室内建築専門領域非常勤講師

千葉 万由子
1974  埼玉県生まれ

1998  武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業

1998~ 設計事務所

2003  Smart Running設立


2003~ 東京テクニカルカレッジ非常勤講師


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact