諸江一紀建築設計事務所による、愛知の「尾張旭の住宅」

( )

Photo at random

諸江一紀建築設計事務所による、愛知の「尾張旭の住宅」

architecture, feature

owariasahi00
all photos(C)谷川ヒロシ

諸江一紀建築設計事務所が設計した、愛知の「尾張旭の住宅」です。

 周囲を住宅で囲まれたやや広い敷地において、当初は中庭型プランが求められた。中庭をつくり外に閉じると街と隔絶するだけでなく、季節によっては使われない中庭が住まいの中心を虚ろなものにするのではないかと思い悩んだ。

※以下の写真はクリックで拡大します

owariasahi01

owariasahi02

owariasahi03

owariasahi04

owariasahi05

owariasahi06

owariasahi07

owariasahi08

owariasahi09

owariasahi11

owariasahi12

owariasahi13

owariasahi14

owariasahi15

owariasahi16

owariasahi17

owariasahi18

以下、建築家によるテキストです。

***********

 周囲を住宅で囲まれたやや広い敷地において、当初は中庭型プランが求められた。中庭をつくり外に閉じると街と隔絶するだけでなく、季節によっては使われない中庭が住まいの中心を虚ろなものにするのではないかと思い悩んだ。
 そこで前庭・外庭・内庭・裏庭といったストライプ状の外部的空間を内部と織り交ぜた。
 前庭は変化を持たせた植栽により単なる駐車場ではなく、街にゆとりを与える。
 外庭はアプローチ通路となるだけではなく、光や風を通しつつプライバシーを確保する緩衝領域となる。  
 内庭は屋内であるが、天窓と格子床により外部的快適さを生み出す。
 そして裏庭をつくることで、敷地境界線ギリギリに建てるのではなく余裕を持たせることができ、これから長年お付き合いすることになる隣家に対して良好な環境を担保する。隣家に見守られながら小さなお子さんは安全に遊ぶことができる。

■建築概要
尾張旭の住宅
所在地:愛知県尾張旭市
家族構成:夫婦+子供2人
階数:地上2階
構造:木造
敷地面積:239.50mm2
建築面積:102.65m2
延床面積:168.30m2
設計監理:諸江一紀建築設計事務所
構造設計:ハシゴタカ建築設計事務所 髙見澤孝志
造園:GROUND
施工:ASJ名古屋名東第一スタジオ(ヤマシタ工務店)
設計期間:2014年2月~2014年7月
施工期間:2014年8月~2015年1月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact