後藤周平建築設計事務所による、静岡県浜松市北区三ヶ日町の「アローズ鍼灸整骨院」

( )

Photo at random

後藤周平建築設計事務所による、静岡県浜松市北区三ヶ日町の「アローズ鍼灸整骨院」

architecture, feature

arrowsmikkabi01
all photos(C)長谷川健太

後藤周平建築設計事務所が設計した、静岡県浜松市北区三ヶ日町の「アローズ鍼灸整骨院」です。

地方都市の、スーパーマーケットをメインとした商業施設内に計画された整骨院。
不特定多数の人々の出入りのある施設内という場所と、整骨院という用途から、プライバシーを確保しつつ、開放的な、中に入りやすい雰囲気をつくることが求められた。
そこで、施設内のスーパーマーケット部分との境界に、二枚の壁をつくり、その壁の重なりと開口部をフィルターとして、境界の関係を調整することを試みた。

※以下の写真はクリックで拡大します

arrowsmikkabi02

arrowsmikkabi03

arrowsmikkabi04

arrowsmikkabi05

arrowsmikkabi06

arrowsmikkabi07

arrowsmikkabi08

arrowsmikkabi09

arrowsmikkabi10

arrowsmikkabi011

arrowsmikkabi12

arrowsmikkabi13-plan

以下、建築家によるテキストです。

**********

地方都市の、スーパーマーケットをメインとした商業施設内に計画された整骨院。
不特定多数の人々の出入りのある施設内という場所と、整骨院という用途から、プライバシーを確保しつつ、開放的な、中に入りやすい雰囲気をつくることが求められた。
そこで、施設内のスーパーマーケット部分との境界に、二枚の壁をつくり、その壁の重なりと開口部をフィルターとして、境界の関係を調整することを試みた。

壁で閉じている部分、一枚の壁に開口部が設けられている部分、二枚の壁を開口部が連続する部分が、それぞれ異なる奥行き感をもたらしており、それが同時にファサードとして現れている。
一方、内部においては、実際よりもスーパーマーケットとの距離が取られているように感じ、安心して治療が受けられる雰囲気をつくり出している。
また、上部の開口は排煙上有効な開口も兼ねており、その必要面積を満たすように調整されている。

様々な見え方が同時に現れることで、どこまでもフラットな商業施設内の風景に、少しの奥行きを与えられるのではと考えていた。

■建築概要
設計:後藤周平建築設計事務所
所在地:静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日797-1
設計期間:2016.3-2016.4
工事期間:2016.5-2016.6
床面積:119.65m2
写真撮影:長谷川健太

後藤周平 / 後藤周平建築設計事務所
1982年静岡県磐田市生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科、同大学院博士前期課程修了。中山英之建築設計事務所を経て2012年後藤周平建築設計事務所設立。一級建築士。
ウェブサイト:http://shuheigoto.com


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact