長岡勉 / POINTによる、愛知・西尾市の複合文化施設「知識の蜂の巣」

( )

Photo at random

長岡勉 / POINTによる、愛知・西尾市の複合文化施設「知識の蜂の巣」

architecture, feature

all photos©DARUMA 尾崎芳弘

長岡勉 / POINTによる、愛知・西尾市の複合文化施設「知識の蜂の巣」です。
施設の情報はこちらでどうぞ(現在も常設されているようです)。

老朽化したドーム劇場を改修し、世界最小の複合文化施設にする計画。
約1m角のマスを25個並べ、お茶室・ギャラリー・資料室・ラウンジ・物見台など、10の異なる空間を集めた。
全体は迷宮のような空間だが、壁の高さがすり鉢状に低くなり、中央から周りを見渡せる。また、物見台は上空からの視点として全体を一望できる。

※以下の写真はクリックで拡大します

■建築概要
用途:複合文化施設
敷地:愛知・西尾市
設計:POINT 長岡勉
企画:オフィスマッチングモウル 内藤美和
施工:成瀬建築 成瀬吉博
金物製作:マルゲン工房
クライアント:西尾市 (三河・佐久島 アートプラン21)
竣工:2017年10月
写真:DARUMA 尾崎芳弘


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact