TAKT PROJECTによる、ミラノデザインウィークに行われた個展「glow ⇄ grow」

( )

Photo at random

TAKT PROJECTによる、ミラノデザインウィークに行われた個展「glow ⇄ grow」

design, feature

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

TAKT PROJECTによる、ミラノデザインウィークに行われた個展「TAKT PROJECT Solo Exhibition in Milan : glow ⇄ grow」です。作品に関しては最後に掲載した動画を閲覧するとより理解が深まります。

ミラノデザインウィーク5年連続の参加となる本年、TAKT PROJECTは「glow ⇄ grow」と題し、初の海外大型個展を開催致します。本展示は、ミラノ中央駅の高架下に連なるドームの1つ、約230㎡の空間を会場に、新しい自主研究プロジェクト「glow ⇄ grow」を、インスタレーションとして発表致します。

光る事で成長し、成長する事で光が変わる。

姿形を完成させるデザインではなく、機能が新たな機能を生んでいく、そのプロセス自体のデザインです。光で固まる樹脂を、プログラミングされた光を放つLEDで直接硬化、LED自体が姿を変えながら光り続けていきます。氷柱や鍾乳洞のように成長するその姿は、光に様々な表情を与え、そしてまた、光によって新たな姿を獲得し成長していきます。それは、自然の模倣ではありません。制御という人工的な操作に、自然の原理を取り込む人工と自然の融合のプロセスです。自然と人工、自律と制御、未完と完成といった、相反する様々な事柄をつなぐ存在。それらが作り出す、自然でも人工だけでもない新たな環境を、インスタレーションとして出現させます。

※以下の写真はクリックで拡大します

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

image courtesy of TAKT PROJECT

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

■展覧会概要
会期:2019年 4月 9日 - 14日
開館時間:10:00 - 20:00( 4月14日は 18:00まで )
会場:Ventura Centrale
住所:Via Ferrante Aporti 9, 20125, Milan, Italy
会場スペース:約230㎡
主催:TAKT PROJECT Inc.
credit
Video
Director : Makoto Yabuki (TANGRAM)
Producer : Keisuke Fukaishi
Sound
Sound designer : Takuya Takahashi (Oyster Inc.)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact