北村直也建築設計事務所による、愛知・額田郡の「幸田町の住宅」

( )

Photo at random

北村直也建築設計事務所による、愛知・額田郡の「幸田町の住宅」

architecture, feature

photo©Takumi Ota

北村直也建築設計事務所が設計した、愛知・額田郡の「幸田町の住宅」です。

計画地は名古屋南方の幸田町、幹線道路から離れた静かで落ち着いた街区にあり近隣は小さいながらも庭を持つ木造2階の住宅が多く建ち並ぶ。周りを囲まれた旗竿地が敷地で夫婦と子供2人のための平屋建の住まいが求められた。そういった条件のもと閉鎖間を感じさせない空間をつくりたいと考えた。

僕は休みの日は時計を見ながら過ごす。時計を見ないで過ごす休日はテレビを見ながらゴロゴロして一日が終わってしまう。そんなことからせわしなく急いだりはしないが、時計を見ながらだとペースを掴むことができて自分にとっては充実して一日を過ごせる。

この住宅にとっての決まったリズムは1.82mとし柱で緩く空間を分けることで限られた空間を多様なものにしている。1.82mつまり1間はおなじみの日本の伝統的な人体モジュールとは言うものの、この建築においては場所によっては窮屈なくらいである。4人掛けのダイニングと掃出し窓の縁側スペース、座った高さの畳スペースと大きな空間となるLDKの関係など、柱により分けられたスペースがひしめき合って混じり合うことで、この住宅の個性的な空間の広がりと暮らしの賑やかさをつくりだしている。

※以下の写真はクリックで拡大します

photo©Naoya Kitamura

建て込んだ住宅地と広がりのある田園地帯、内部空間は両方の地域を想像させるものにしたいと考えた photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

近隣の建物と比べて小さく感じるボリュームとなっている photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

内部は3.4mの矩形の空間にロフトと中二階がある構成である photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

中二階への階段は勾配を緩くしレベルの差をあまり感じないように配慮している photo©Naoya Kitamura

photo©Naoya Kitamura

photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

座って過ごす畳スペースや子供スペースの天井高さは1.2mとした photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

photo©Takumi Ota

photo©Naoya Kitamura

photo©Takumi Ota

photo©Takumi Ota

image courtesy of Naoya Kitamura

■建築概要
題名:幸田町の住宅
設計:北村直也建築設計事務所
構造:yasuhirokaneda STRUCTURE
施工:ザイソウハウス
所在地:愛知県額田郡幸田町
主用途:専用住宅
階数:平屋(中2階)
敷地面積:261.09㎡
延床面積:85.05㎡
建築面積:48.60㎡
構造:木造
竣工:2019年1月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact