OMAが、アーティスト・蔡國強のためにデザインした、NYのスタジオの写真など

13.68 OMAが、アーティスト・蔡國強のためにデザインした、NYのスタジオの写真など

OMAが、アーティスト・蔡國強のためにデザインした、NYのスタジオの写真などがdezeenに掲載されています

OMAが、アーティスト・蔡國強のためにデザインした、NYのスタジオの写真などが30枚、dezeenに掲載されています。蔡國強は、2015年に横浜美術館で大規模な個展を行っていたりもします。

ジョン・ヘイダックの作品「自殺者の家と自殺者の母の家」がプラハの公園に設置・公開

48.76 ジョン・ヘイダックの作品「自殺者の家と自殺者の母の家」がプラハの公園に設置・公開

ジョン・ヘイダックの作品「自殺者の家と自殺者の母の家」がプラハの公園に設置・公開されたそうです

ジョン・ヘイダックの作品「自殺者の家と自殺者の母の家」がプラハの公園に設置・公開されたそうです。リンク先のarchdailyに写真が10枚掲載されています。1991年にも作られたそうですが、このたび再設置されたようです。日本人建築家の坂茂がヘイダックに建築を学んだ事でも知られています。

クリスト&ガンテンバインが増築を手掛けた、スイス・チューリッヒの国立ミュージアムの写真

6.68 クリスト&ガンテンバインが増築を手掛けた、スイス・チューリッヒの国立ミュージアムの写真

クリスト&ガンテンバインが増築を手掛けた、スイス・チューリッヒの国立ミュージアムの写真がdezeenに掲載されています

クリスト&ガンテンバインが増築を手掛けた、スイス・チューリッヒの国立ミュージアムの写真が18枚、dezeenに掲載されています。

old book『ABC:国際構成主義の建築 1922-1939』 スティーブン・ホールらがキューブをテーマに創作したオブジェクトを出展しているニューヨークの展覧会の会場写真

3.26 スティーブン・ホールらがキューブをテーマに創作したオブジェクトを出展しているニューヨークの展覧会の会場写真

スティーブン・ホールらがキューブをテーマに創作したオブジェクトを出展しているニューヨークの展覧会の会場写真がdezeenに掲載されています

スティーブン・ホールリーベンベッツ(Levenbetts)レオン・レオン(Leong Leong)がキューブをテーマに創作したオブジェクトを出展しているニューヨークの展覧会の会場写真が13枚、dezeenに掲載されています。

藤原徹平が、栃木の「(仮称)まちなか交流センター」設計プロポで最優秀者に選定

102.09 藤原徹平が、栃木の「(仮称)まちなか交流センター」設計プロポで最優秀者に選定

藤原徹平が、栃木の「(仮称)まちなか交流センター」設計プロポで最優秀者に選ばれています
以下は、結果と提案書のPDFです。

第2次審査結果
      総括責任者  提案事務所名
最優秀者  藤原 徹平  株式会社フジワラテッペイアーキテクツラボ
優秀者   高橋 一平  株式会社高橋一平建築事務所
 入賞   柳澤 潤   株式会社コンテンポラリーズ
 入賞   岩崎 堅一  株式会社岩崎建築研究室
 入賞   坂本 一成  株式会社アトリエ・アンド・アイ  
 入賞   御手洗 龍  御手洗龍建築設計事務所

■株式会社フジワラテッペイアーキテクツラボ
技術提案書

■株式会社高橋一平建築事務所
技術提案書

■株式会社コンテンポラリーズ
技術提案書

■株式会社岩崎建築研究室
技術提案書

■株式会社アトリエ・アンド・アイ
技術提案書

■御手洗龍建築設計事務所
技術提案書

高松市屋島山上拠点施設設計プロポの、最優秀者SUOや、藤本壮介、石上純也らの提案書のPDFが公開

82.53 高松市屋島山上拠点施設設計プロポの、最優秀者SUOや、藤本壮介、石上純也らの提案書のPDFが公開

高松市屋島山上拠点施設設計プロポーザルの、最優秀者SUOや、藤本壮介、石上純也らの提案書のPDFが公開されています。

■最優秀者 SUO
提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

■優秀者 株式会社藤本壮介建築設計事務所
提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

一次審査通過者
■株式会社石上純也建築設計事務所

提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

■納谷建築設計事務所
提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

■設計共同企業体ハプンスタンス・コレクティヴ
提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

■有限会社アイエフ
提案書1(PDF)
提案書2(PDF)

中国人建築家のチャオ・ヤンの講演会の、市川紘司によるレポート「ファイターではなく、コラボレーターとして」

2.12 中国人建築家のチャオ・ヤンの講演会の、市川紘司によるレポート「ファイターではなく、コラボレーターとして」

中国人建築家のチャオ・ヤンの講演会の、市川紘司によるレポート「ファイターではなく、コラボレーターとして」がギャラリー間のサイトに掲載されています

中国人建築家のチャオ・ヤンの講演会の、市川紘司によるレポート「ファイターではなく、コラボレーターとして」がギャラリー間のサイトに掲載されています。

ギャラリー間で2016年4月から行われる「三分一博志展 風、水、太陽」の概要

7.65 ギャラリー間で2016年4月から行われる「三分一博志展 風、水、太陽」の概要

ギャラリー間で2016年4月から行われる「三分一博志展 風、水、太陽」の概要が公開されています

ギャラリー間で2016年4月から行われる「三分一博志展 風、水、太陽」の概要が公開されています。

三分一氏は、建築が“いかにして地球の一部になりうるか”を一貫したテーマとして作品をつくり続けています。「地球にも人にも認めてもらえる建築」を創造するための入念なリサーチは、その土地の歴史や風土、人と自然の営みを紐解くとともに、地形や方位によってその姿を変える「動く素材」― 風、水、太陽などを丹念に観察し、それらを分析することで、あるべき建築の姿を探求してきました。そして、設計段階から四季折々に現場に足を運び、「動く素材」を観察し、自らカメラに納めた画像は10万枚を超えるアーカイブとなっています。これらのリサーチに基づいた三分一氏の作品は、その場所特有の建築であることを超え、さらに未来へと引き継がれていくことを目指しており、国内のみならず海外でも高い評価を受けています。

本展では、こうした三分一氏の取り組みを、「犬島精錬所美術館」(岡山県/2008年)、「六甲枝垂れ」(兵庫県/2010年)、「宮島弥山展望台」(広島県/2013年)、「The Naoshima Plan」(香川県)、「直島ホール/直島の家-またべえ」(香川県/2015年 )、「おりづるタワー」(広島県/2016年竣工予定)など、瀬戸内のプロジェクトに焦点をあてて紹介します。それぞれの建築がその場所ごとの「動く素材」を通して、地球のディテールとして存在する姿を感じていただくとともに、設計段階での大量のリサーチデータや、実証実験の模型や映像、モックアップなどで、三分一建築の設計過程をご覧いただきます。三分一氏の全作品を総覧するアーカイブ映像も展示する予定です。

隈研吾の事務所が制作した、東京近郊の隈建築の観光マップ

91.47 隈研吾の事務所が制作した、東京近郊の隈建築の観光マップ

隈研吾の事務所が制作した、東京近郊の隈建築の観光マップが公開されています(PDF)

隈研吾の事務所が制作した、東京近郊の隈建築の観光マップが公開されています。

東京近辺にある、隈事務所の担当物件の観光マップです。
是非お役立てください。(※英語のみ)

アルヴァロ・シザが、壁面にドローイングをしている様子を収録した動画

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。