フォルム・木村浩一建築研究所による滋賀の住宅「プロムナードになる家」

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による滋賀の住宅「プロムナードになる家」

architecture, feature

01OTOH_205_DN17319_th.jpg
photo(C)Takumi Ota

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した滋賀の住宅「プロムナードになる家」です。


02OTOH_211_DN18041_th.jpg
03OTOH_104_DN17367_th.jpg
04OTOH_105_DN18005_th.jpg
05OTOH_106_DC37049_th.jpg
06OTOH_107_DN17965_th.jpg
07OTOH_108_DN17983_th.jpg
08OTOH_111_DN17870_th.jpg
09OTOH_112_DN17889_th.jpg
10OTOH_114_DN17812_th.jpg
11OTOH_115_DN17456_th.jpg
12OTOH_116_DC36987_th.jpg
13OTOH_124_DN17235_th.jpg
14OTOH_122_DN25490_th.jpg
15OTOH_119_DC36951_L-.jpg
16OTOH_123_DN17760_th.jpg
17OTOH_120_DN17700_th.jpg
18OTOH_125_DC37000_th.jpg
19OTOH_127_DN17949_th.jpg
20OTOH_128_DN25548_th.jpg
21OTOH_207_DN17381_th.jpg
22OTOH_130_DC36873_th.jpg
23OTOH_126_DN17957_th.jpg
24OTOH_132_DC37058_th.jpg
以下、建築家によるテキストです。
***********
この計画は、間口4m,奥行き35mの特異な敷地に計画された若い夫婦のための住宅である。
この制約のある敷地形状が内部構成に反映されている。
建物は、間口約2,7m、全長約27mと細長く地形に沿うように配置され敷地の輪郭を描き出している。
内部空間は、この地形を身体で感じられるような細長い通路軸が計画されており通路を進むにつれ次々とスペースが展開されるような構成になっている。
1階エントランスから延びる長い通路は、 足下を照らす光によって誘導されダイニング、リビングそしてレベル差のある最奥の書斎スペースへと続く。
通路は、書斎の大きな開口部によってその先に広がる田園風景と連続しエントランスから続く絞り込まれた視線を解放する。
2階では、トップライトのある階段室から2つの通路が計画されている一つは、色彩効果を狙った緑色壁のある通路である。
鮮やかな緑色壁の通路は、バルコニーを囲いこみ、隣接するバス、洗面スペースに水回りの清潔感を与えている。
もう一つは、子供室から寝室を貫いて吹き抜け空間のブリッジに至る通路である。
光をコントロールする通路として計画されており、透光性のあるカーテンで仕切られた子供室からの透過光、吹き抜け空間のハイサイドライトからの陽光が、人を先へと誘導する。
通路の先は、ブリッジになり設置されたタラップは、上下空間を繫ぎ連続性を生み出している。
また、壁面の緑色は、建物の両端部で使用され建物の全長をより印象づけるものになっている。
巡らされた通路は、地形の強さを感じるプロムナード(散歩道)なのである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact