諸江一紀建築設計事務所による愛知県蒲郡市の「蒲郡の住宅」

( )

Photo at random

諸江一紀建築設計事務所による愛知県蒲郡市の「蒲郡の住宅」

architecture, feature

gamagoori01
photo(C)上田宏

諸江一紀建築設計事務所が設計した愛知県蒲郡市の「蒲郡の住宅」です。

屋根がらせん状に渦を巻く中庭型の平屋住宅。
この屋根形状は周辺環境と内部の要求に応答してつくられている。
南側と東側がやや往来の多い私道に囲まれており、中庭型を採用した。南側は小高い山となっているため、影を避けるようにLDKを北側に配し、南側の屋根を低くして採光と眺望を確保した。西側は西日や隣家の視線を切れるようにやや高くした。

※以下の写真はクリックで拡大します

gamagoori02
photo(C)上田宏

gamagoori03
photo(C)上田宏

gamagoori04
photo(C)上田宏

gamagoori05no

gamagoori06
photo(C)上田宏

gamagoori07
photo(C)上田宏

gamagoori08
photo(C)上田宏

gamagoori09
photo(C)上田宏

gamagoori10
photo(C)上田宏

gamagoori11
photo(C)上田宏

gamagoori12
photo(C)上田宏

gamagoori13no

gamagoori014plan

gamagoori015section

gamagoori016study-model

以下、建築家によるテキストです。

***********

 屋根がらせん状に渦を巻く中庭型の平屋住宅。
 この屋根形状は周辺環境と内部の要求に応答してつくられている。
 南側と東側がやや往来の多い私道に囲まれており、中庭型を採用した。南側は小高い山となっているため、影を避けるようにLDKを北側に配し、南側の屋根を低くして採光と眺望を確保した。西側は西日や隣家の視線を切れるようにやや高くした。
 突き出た玄関ポーチは公道を挟んだ実家と斜向かいとなり、道を含めた一体的な庭を形成する。最も高いロフトからは遠方峰山が臨める。屋根の勾配はゆるやかに傾斜する敷地の勾配に合わせている。
 内部は天井が最も低いところを玄関とし、躙口のように周辺環境を断ち切ることで内部の広がりを増大させる。寝室は下の子供、上の子供、夫婦と身体の大きさに応じて少しずつ天井が上がる。そして家族が集まり、多様な活動が行われるLDKが最も天井が高い。
 天井の高さはゆるやかに変化するため、それぞれの空間は分断されず、つながりながらも個別のスペースを生み出している。個人の居場所や距離感を保ちつつも、家族がひとつ屋根の下でともに暮らしていることを感じてもらいたいと考えた。

■建築概要
蒲郡の住宅
所在地:愛知県蒲郡市
家族構成:夫婦+子供2人
階数:地上1階
構造:木造
敷地面積:234.12mm2
建築面積:118.57m2
延床面積:114.86m2
設計監理:諸江一紀建築設計事務所
構造設計:髙見澤孝志
造園:GARDEN WORKS 園三
施工:木下建設名古屋支店
設計期間:2010年3月〜2010年8月
施工期間:2010年10月〜2011年7月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact