松島潤平建築設計事務所+株式会社桂建築設計事務所による、長野県飯田市の「育良保育園」

( )

Photo at random

松島潤平建築設計事務所+株式会社桂建築設計事務所による、長野県飯田市の「育良保育園」

architecture, feature

ikura000

ikura000-
all photos(C)太田拓実 *サイン写真下段2枚は除く

松島潤平建築設計事務所+株式会社桂建築設計事務所が設計した、長野県飯田市の「育良保育園」です。
また、アーキテクチャーフォトでは、この作品に関連して松島が作成した「育良保育園 仕上表模型」も特集記事として紹介しています。

河岸段丘の頂部に建つ神社を囲む鎮守の森のなかの、4層スキップフロア型保育園。
段丘地形が屋内にも連続するような構成となっており、子どもたちが体の成長とともに居場所を能動的に開拓していくことのできる建築を目指した。

※以下の写真はクリックで拡大します

ikura001

ikura002

ikura003

ikura005

ikura006

ikura007

ikura008

ikura009

ikura010

ikura011

ikura012

ikura013

ikura015

ikura016

ikura017

ikura018

ikura019

ikura020

以下、建築家によるテキストです。

**********

育良保育園

河岸段丘の頂部に建つ神社を囲む鎮守の森のなかの、4層スキップフロア型保育園。
段丘地形が屋内にも連続するような構成となっており、子どもたちが体の成長とともに居場所を能動的に開拓していくことのできる建築を目指した。

ikura021_diagram

最下層の0.5階は敷地南北の高低差を利用して北側に設け、「A:お昼寝等に適した静かでクローズな部屋」とし、1階は「B:南側園庭に面した活動的な部屋」として役割を積極的に分けた。更に2階は図画工作などを行う「C:座学スペース」とし、学年単位でトリプレット形式となる、3種の保育形態に応じた空間構成とした。0.5階と1階は建具の開閉により南北方向に、2階は可動棚により東西方向に一体化して使うことができる。明るさ、高さ、視線の抜け等のバリエーション豊かなスペースが関係を持ち合い、子どもたちがクラスや学年を超えて使用・交流することを促す構成となっている。

敷地東側には北側最深部の2.5階と連続する半屋外のアリーナを設け、不足気味な園庭の面積を補完しつつ、建物内外に渡るサーキュレーションを作った。様々なスペースを縫いながら走り回ることのできる行き止まりのない大きな立体円環は、遊び場の選択肢に溢れ、また運営管理もしやすい。運動会では保護者の観客席にもなり、イベントを盛り上げる役割も担っている。

ikura022_siteplan

段々の内部構成を一体的に包む大屋根は、既存園舎のシンボルであった赤い屋根を踏襲しつつ、周囲の緑の豊かな表情や神社の古びた木の色に馴染ませるべく、特殊塗装の施された“むら”のある赤錆色のガルバリウム鋼板で覆った。またトップライトとハイサイドライトをランダムに穿ち、室内構成とは無関係に光の“むら”を作り出すことで、建物の形式に囚われない居場所のきっかけを作っている。

ikura023_sign

さて、名称が育良だけに、サイン計画はイクラをヒントにデザインした。
館名表示サインの9つの粒は、乳児から年長までの9クラスを表しており、イクラ色とも言えるオレンジは、「インターナショナル・オレンジ」という東京タワーや航空宇宙産業のサインに使用されている、グローバルかつ誘目性の高い色を用いた。ガラスの衝突防止サインは、正円ではない歪んだイクラの粒となっており、ピクトグラムの人間の頭も、歪んだ半球状のイクラの粒になっている。

また、イクラといえば、日本の化学会社が医薬品用カプセルを開発中に偶然発明した「模造イクラ」が有名だ。原材料がまったく違うにも関わらず、見た目、口当たり、味、すべて本物のイクラとほとんど見分けのつかない、非常に精度の高いフェイク食材である。『育良保育園』においても、コールテン鋼のように見える屋根のほか、特に木質系素材では、無垢、合板、パーティクル熱圧成型、完全に組成の違うフェイク等々、履歴やフィニッシュも含めると、どれも漠然と「木」でありながら、どこまでが木と言っていいのかわからない、ホンモノとニセモノの間を揺蕩う素材が集合している。

模造イクラを「ニセモノ」と断罪するのは簡単だ。しかしその精度や文脈、更に言えばイクラの経験を鋭敏にするという観点において、別の新たな価値を提供していることを忘れてはならない。子どもには天然素材を、という考え方もあるだろう。しかし物の経験情報をこれから宿していくからこそ、物の記号性に優劣を持たない子どもたちには、現実とフィクションの境界が曖昧な空間をつくるべきだと考える。絵本のなかに描かれる木目まで現実のマテリアルとして空間に参加してくるほどに、自由に虚実を往来しながら自らの世界を貪欲に展開していってほしい。

微視的な目線では虚実混濁した様々な情報を持つテクスチャが混在し、体が大きくなるほどにスペースが開拓され、全体の空間構成がだんだんと見えてくる。そんなつくりとすることで、自分がかつて子ども時分に探検を繰り返して感じた、いつまでもどこまでも奥行きと拡がりが生まれ続ける、飯田市のダイナミックな段丘地形そのもののような保育園となることを願っている。

■建築概要
所在地 :長野県飯田市
主要用途:保育所
工事種別:新築
主体構造:鉄骨造
敷地面積:2015.43 ㎡
建築面積: 739.06 ㎡
延床面積:1081.42 ㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact