フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県草津市のオフィスビル・ゲストハウス「COMPLEX」

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県草津市のオフィスビル・ゲストハウス「COMPLEX」

architecture, feature

complex00
all photos(C)Yoshihiro Asada

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した、滋賀県草津市のオフィスビル・ゲストハウス「COMPLEX」です。

この建物は、交通量の多い幹線道路沿いにあり周辺は、商業施設や集合住宅が過密に立ち並んでいる。
建物は、企業のオフィスビルとして計画され、1 階はガレージ、2階はオフィス、3、4階はゲストハウスの機能を併せ持つ4層で構成されている。

※以下の写真はクリックで拡大します

complex01

complex02

complex03

complex04

complex06

complex07

complex08

complex09

complex10

complex11

complex12

complex13

complex14

complex15

complex16

complex17

complex18

complex19

complex20

complex21

complex22

complex23

complex24

complex25

complex26

complex27

complex28

complex29

complex30

以下、建築家によるテキストです。

**********

この建物は、交通量の多い幹線道路沿いにあり周辺は、商業施設や集合住宅が過密に立ち並んでいる。
建物は、企業のオフィスビルとして計画され、1 階はガレージ、2階はオフィス、3、4階はゲストハウスの機能を併せ持つ4層で構成されている。
ラフな鋼板で仕上げられたファザードのソリッドな壁は、建物の重量感を高めているが、入念に計画された開口部の位置によって軽快な外観に仕上げている。 この建物の内部空間を特徴づけているのは、3、4階に計画したゲストハウスである。2層分の高さがあるLDK は、光りを主題に空間が構成されている。ヴォイド空間に巡らせた光を導く経路は、天井の断面変化と視線の抜けを生み出し、拡散光によって柔らかい雰囲気を醸し出しながらも、凛とした空間を創り出している。
外部、内部空間においても陰影を活かした印象的なデザインは、地域のランドマークとなり、企業イメージを特徴づける存在となっている。

■建築概要
所在地/滋賀県草津市
主要用途/オフィスビル・ゲストハウス
施工年/2015 年3 月
構造:S造
規模:地上4階
敷地面積:362.52m2
建築面積:174.15m2
延床面積:499.07m2
1階:143.77m2
2階:130.02m2
3階:142.39m2
4階:82.89m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact