吉村理建築設計事務所による、三重の住宅「桔梗の家」

( )

Photo at random

吉村理建築設計事務所による、三重の住宅「桔梗の家」

architecture, feature

ADS_3000
all photos(C)川元斉

吉村理建築設計事務所が設計した、三重の住宅「桔梗の家」です。

敷地は町全体が緩やかに南へ傾斜する見晴らしの良い素晴らしい住宅地の一角に位置します。新しい試みとして、周辺と敷地とを塀や柵で区切る事を止め高低差を境界とした上で、緩やかな斜路により周辺と敷地内とをあいまいに繋いでいます。

※以下の写真はクリックで拡大します

ADS_3007

ADS_3015

ADS_3030

ADS_3084

ADS_3092

ADS_3123

ADS_3130

ADS_3135

ADS_3148

ADS_3181

P1050976

以下、建築家によるテキストです。

************

桔梗の家

敷地は町全体が緩やかに南へ傾斜する見晴らしの良い素晴らしい住宅地の一角に位置します。新しい試みとして、周辺と敷地とを塀や柵で区切る事を止め高低差を境界とした上で、緩やかな斜路により周辺と敷地内とをあいまいに繋いでいます。周辺から敷地内に入り込んだ斜路はそのまま中2階のデッキテラスに接続するスロープへとつながり、道路の高低差を利用した重層的な床レベルや内外を複雑に行き来する回遊動線とあいまって、建物の中だけではなく、豊かな周辺環境全体の中に住んでいるような開放感があります。
同時に書斎や寝室、和室といった落ち着きのある、とどまる場所を内包したコの字型のボリュームを東西に配し、開放性のカウンターウエイトとして機能させています。
また接着剤や合板を一切利用せずに、大きな気積の在来木造住宅を実現するため、厚板の斜め張りや、貫壁など伝統工法を参照しながら、無垢材だけで構造上の解決を試みています。

■建築概要
所在地:三重県
設計・監理:吉村理建築設計事務所
施工:株式会社松彦建設工業
プロデュース:ひととき.net(阪口製材所)
写真:川元斉
構造 木造2階
延床面積 176.29m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact