山本嘉寛建蓄設計事務所 / 山本嘉寛による、大阪市旭区の住宅「『 』の家」

( )

Photo at random

山本嘉寛建蓄設計事務所 / 山本嘉寛による、大阪市旭区の住宅「『 』の家」

architecture, feature

kkako001-facade01
all photos(C)YFT, / 山田圭司郎

山本嘉寛建蓄設計事務所 / 山本嘉寛が設計した、大阪市旭区の住宅「『 』の家」です。

下町の鰻の寝床状敷地に建つ小さな住宅。限られたスペースを最大限有効に活用するため、隣地境界一杯に内側から施工可能で内外装が一体、十分な断熱性を有しているロックウール充填鋼板サンドイッチパネルを採用し、防火被覆や代替進入口が必要となる3階建を避けて、階段を中心にスプリットレベルのプランニングを行っている。1つの大きなハコの中に『』型平面の各階を半階ずらしながら積み重ねることで東西・南北両方向に拡がりがある空間とし、住み手があたかも枝から枝へ止まり木を渡るような住まいを計画した。

※以下の写真はクリックで拡大します

kkako002-facade02

kkako003-Lv1-to-Lv2

kkako003-Lv2-garage01

kkako004-Lv3-to-Lv4-kitchen

kkako005-Lv3-to-Lv4

kkako006-Lv4-dining01

kkako007-Lv4-dining02

kkako008-Lv4-living01

kkako009-Lv4-living02

kkako010-Lv4-living03

kkako011-Lv4-to-Lv5

kkako012-Lv5-bathroom

kkako013-Lv5-to-Lv4-living

kkako014-Lv5-to-Lv6

kkako015-Lv6

kkako016-nightview01

kkako017-nightview02

kkako018-nightview03

kkako019-nightview04

kkako020-stair01

kkako021-stair02

kkako022

以下、建築家によるテキストです。

**********

下町の鰻の寝床状敷地に建つ小さな住宅。限られたスペースを最大限有効に活用するため、隣地境界一杯に内側から施工可能で内外装が一体、十分な断熱性を有しているロックウール充填鋼板サンドイッチパネルを採用し、防火被覆や代替進入口が必要となる3階建を避けて、階段を中心にスプリットレベルのプランニングを行っている。1つの大きなハコの中に『』型平面の各階を半階ずらしながら積み重ねることで東西・南北両方向に拡がりがある空間とし、住み手があたかも枝から枝へ止まり木を渡るような住まいを計画した。最上階はガラス貼りのルーフテラスとし、エキスパンドメタルの階段を通じて居室や浴室に光と風を取り込んでいる。南側のファサードはビル用サッシを用いて間口一杯の開口を取り、レース・厚手・遮光、3種類の素材を1枚に紡ぎ合わせたカーテンによって自由にプライバシーを調整出来る。

■建築概要
意匠設計:山本嘉寛建蓄設計事務所/山本嘉寛
構造監理:S.Y.U構造設計室/磯本佳秀
竣工:2014年


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact