藤田雄介 / Camp Design inc.による、東京・新宿区の「外堀通りの住宅」

( )

Photo at random

藤田雄介 / Camp Design inc.による、東京・新宿区の「外堀通りの住宅」

architecture, feature


all photos(C)長谷川健太

藤田雄介 / Camp Design inc.が設計した、東京・新宿区の「外堀通りの住宅」です。

家具と建具の間

50㎡程のマンションの改修である。これくらいの広さの部屋に、LDK+寝室+水回りを収め狭苦しさを感じないようにするには、動線となる部分も部屋の一部として取り込んだり、間仕切り壁で部屋を構成せず、ワンルームでありながら各々の領域を緩やかに仕切ることが重要になる。
今回は、部屋の中心に高さ1820mmの造作物を配置して、寝室・ワークスペース・収納を取り込みつつ、全体として回遊性のある構成をつくり出した。この造作物の壁厚は41mmにしているが、建具も同じ厚みにしており、家具と建具の間のような存在として緩やかな流れのある場所を生み出している。

※以下の写真はクリックで拡大します

■建築概要
延床面積:49.9㎡
設計期間:2016年8月-10月
施工期間:2016年11月-2017年2月
設計:藤田雄介・尾崎琢弥 / Camp Design inc.
施工:河行工務店
写真:長谷川健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact