小野寺匠吾+岡田宰による、東京・港区の「中庭のあるオフィス」

( )

Photo at random

小野寺匠吾+岡田宰による、東京・港区の「中庭のあるオフィス」

architecture, feature

all photos©Gottingham

小野寺匠吾岡田宰が設計した、東京・港区の「中庭のあるオフィス」です。

東京港区にある広告制作会社のオフィス移転計画である。
施主は数々のグループ会社や部署を抱え、案件やクライアントによって様々なコラボレーションをしながら作品を作り上げている。しかしながら、各所に点在するオフィス同士では、部署間のコミュニケーションなどが取りづらく、プロダクションのプロセスに少なからず悪影響を及ぼしていた。

そういった問題を解決するために、今まで違う場所で働いていた営業・ディレクション・プロデュースといった3つの部署を一つの場所にまとめて新しいオフィスを作ることを依頼された。そして、そこでは部署間のコミュニケーションが活発となるような「情報の交差点」となることはもちろん、「企業の新しいフラッグシップ」とすることが求められた。

働き方や抱えるクライアントが違う部署間で、化学反応が生まれるような質の高い交流を生むにはどうすれば良いか。760m2という広い執務空間と限られた予算の中で、コストコントロールをしながら最小限の操作で最大の効果を発揮するにはどうすれば良いか。

それらを解決するために、必要機能・予条件を整理し、合理的に配置し直すことで、ミニマルな執務空間の中心に、豊かな『余白』を生み出した。この空虚な空間について施主と共に様々な使い方を検討している中で、この『余白』は『中庭』と呼ばれることになった。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

*********

東京港区にある広告制作会社のオフィス移転計画である。
施主は数々のグループ会社や部署を抱え、案件やクライアントによって様々なコラボレーションをしながら作品を作り上げている。しかしながら、各所に点在するオフィス同士では、部署間のコミュニケーションなどが取りづらく、プロダクションのプロセスに少なからず悪影響を及ぼしていた。

そういった問題を解決するために、今まで違う場所で働いていた営業・ディレクション・プロデュースといった3つの部署を一つの場所にまとめて新しいオフィスを作ることを依頼された。そして、そこでは部署間のコミュニケーションが活発となるような「情報の交差点」となることはもちろん、「企業の新しいフラッグシップ」とすることが求められた。

働き方や抱えるクライアントが違う部署間で、化学反応が生まれるような質の高い交流を生むにはどうすれば良いか。760m2という広い執務空間と限られた予算の中で、コストコントロールをしながら最小限の操作で最大の効果を発揮するにはどうすれば良いか。

それらを解決するために、必要機能・予条件を整理し、合理的に配置し直すことで、ミニマルな執務空間の中心に、豊かな『余白』を生み出した。この空虚な空間について施主と共に様々な使い方を検討している中で、この『余白』は『中庭』と呼ばれることになった。

従業員は出勤するときも外出するときもこの『中庭』を通る。外部からのゲストが来て打ち合わせ室に入るときも、この『中庭』を経由する。この中庭はすべての動線の中心となり、仕事をしたり、打ち合わせをしたり、くつろいだり、あらゆる使い方に対して柔軟な場所である。そしてその空間の使い方は使い手によって成長していく。

この中庭はインテリアの提案でありながら、建築的にデザインを組み立てることで、内と外の関係や、シークエンスや、光の写り込み、変化などを感じることが可能になった。
中庭を取り囲む壁は、アノニマスな執務空間とは対照的に、ステンレス鏡面加工の波板という建築の外装材によって、本来の中庭的な機能を演出しつつ、そこを利用する各部署の人々や、家具、植栽を写り込ませ、光を拡散させ、広がりを感じさせている。中庭を取り囲む部屋やトンネル、小窓など随所に意図的に配置された開口部によって、視線の抜けによる広がりや機能の多様性を感じたり、向こう側で活動する同僚の気配を感じることで積極的な交流を誘発している。

このようなオフィス内におけるコミュニケーション空間のあり方が今では必ずしも当たり前ではなくなった、”同じ空間で働く”という価値・可能性を問い直し、新たな時代のオフィスでの働き方・在り方へと繋がるのではないかと考えている。また、こうした特定の用途を持たない『余白』が、使い手に主体性を与え、結果的に活発な議論やアイディア、コミュニケーションが生まれる空間へと成長し、企業自体の成長へと繋がって行くことを期待している。

■建築概要
作品名:中庭のあるオフィス / Office with a Patio
用途:オフィス
設計・管理:小野寺匠吾・岡田宰
施工:住友不動産株式会社
所在地:東京都港区
竣工:2018年3月
延床面積:760㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact