アーティスト トム・サックスの、小山登美夫ギャラリーでの展覧会「Smutshow」で公開された作品

( )

Photo at random

アーティスト トム・サックスの、小山登美夫ギャラリーでの展覧会「Smutshow」で公開された作品

architecture, art, feature

Whisk / 2018 / Mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

アーティスト トム・サックスの、小山登美夫ギャラリーでの展覧会「Smutshow」で公開された作品です。※こちらの展示の会期は既に終了していますが、東京オペラシティアートギャラリーにて2019年6月23日までトム・サックス展「ティーセレモニー」が開催中です。また関連イベントとして、長編映像プログラム「The Hero's Journey」「A Space Program」の特別上映と、トム・サックスに茶道を指導したジョニー・フォグによる普段公開していないTea Houseの内部をオープンにした、実際のティーセレモニーも行われます。
アーキテクチャーフォトでは、西澤徹夫による、3つのトム・サックス展のレビュー「Tom Sachs」も掲載しています。
以下はトム・サックスの経歴です。

【トム・サックスについて】

ニューヨークを拠点に活動しているトム・サックス(1966年、ニューヨーク生まれ)は 、 モダニズムやデザインのアイコンから着想を得た作品で知られるアーティストです。サックスはトム・サックススタジオならではの簡素な素材を用いながら、半実用的な立体作品が組み込まれたパラレルワールドを作り上げています。そして、彼や彼のスタジオアシスタントにより、「Nutsy’s」(2001-03年)や「Space Program」(2007、2012、2016-17年)といったインタラクティブなプロジェクトにも展開されています。

サックスの作品は、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館、J・ポール・ゲティ美術館、ポンピドゥー・センター、サンフランシスコ近代美術館、アストルップ・ファーンリ現代美術館など、世界の数多くの美術館に永久収蔵されています。
主な個展開催場所に、ナッシャー彫刻センター(ダラス、2017-18年)、イエルパ・ブエナ芸術センター(サンフランシスコ、2016-17年)、ノグチ美術館(ニューヨーク、2016年)、ブルックリン美術館(ニューヨーク、2016年)、ザ・コンテンポラリー・オースティン(テキサス、2015年)、パーク・アベニュー・アーモリー(ニューヨーク、2012年)、オルドリッチ現代美術館(コネチカット、2009年)、ガゴシアン・ギャラリー(ロサンゼルス、2007年)、リーバ・ハウス(ニューヨーク、2008年)、プラダ財団(ミラノ、2006年)、ドイツ・グッゲンハイム美術館(ベルリン、2003年)、Bohen Foundation(ニューヨーク、2002年)、サイト・サンタフェ(1999年)などがあります。

2016年の映像作品「A Space Program」(ツァイスガイスト・フィルムズにより公開)では、トム・サックススタジオの活動や哲学の一端と、2012年にニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで開催した「A Space Program」プロジェクト(協力: Creativ Time *ニューヨークのアートNPO)にまつわる物語を紹介しています。

※以下の写真はクリックで拡大します

Breast Cup / 2011 / epoxy resin on mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Oke / 2015 / Plywood, latex paint, epoxy resin,aluminum, steel hardware, ConEd Barrier ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Mouse Oracle / 2015 / mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Rikyu’s Ecstasy / 2015 / ConEd barrier, plywood, epoxy resin, poppies, mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Kama / 2015 / ConEd barrier, cardboard, epoxy resin, mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Krylon / 2015 / Latex, synthetic polymer paint, hardware, pyrography, plywood ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

The Kiss / 2016 / plywood, steel hardware ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Kodo / 2017 / Plywood, Latex Paint, Steel Hardware, Porcelain, Mixed Media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Ashtray / 2018 / mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Green Smoke 2.0 / 2018 / Plywood, hardware, mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Ryakubon 2.0 / 2018 / Plywood, hardware, mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Bamboo Sconce / 2018 / Bamboo, Makita battery,plywood, hardware, mixed media ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

Fredo / 2018 / English porcelain, high fire reduction, Temple white glaze, NASA Red engobe inlay, gold luster ©Tom Sachs / Courtesy of Tomio Koyama Gallery

■展覧会情報(東京オペラシティ アートギャラリー)
トム・サックス ティーセレモニー
Tom Sachs: Tea Ceremony
期間:2019年4月20日[土]─ 6月23日[日]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日、ただし4月30日は開館)
入場料:一般1,400(1,200)円/大・高生1,000(800)円/中学生以下無料 *( )は15名以上の団体料金

■関連イベント
長編映像プログラム
「The Hero's Journey」「A Space Program」特別上映
日時:2019年6月7日[金]─ 6月22日[土]までの 金・土 17:40〜19:30
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(展示室内)

ジョニー・フォグ氏によるティーセレモニー デモンストレーション
トム・サックスに茶道を指導したジョニー・フォグ氏が来日。普段公開していないTea Houseの内部をオープンにし、実際のティーセレモニーを行います。抽選により毎回3名の参加が可能です。

日時
2019年6月1日[土]、2日[日]、8日[土]、9日[日]、14日[金]、15日[土]
12:00〜/14:30〜(各日2回)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(展示室内)
●参加者は当日抽選により決定します。
●各回60分前より抽選券を配布(各回100枚まで)
●ティーセレモニー20分前に当選番号を発表いたします。
*参加には当日の展覧会入場券が必要です。

両イベントの詳細はこちらのページでご確認ください


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact