【ap job 更新】 キューボデザイン建築計画設計事務所が、設計スタッフ(正社員・パートタイム)を募集中
サムネイル:【ap job 更新】 キューボデザイン建築計画設計事務所が、設計スタッフ(正社員・パートタイム)を募集中

ap job 【ap job 更新】 キューボデザイン建築計画設計事務所が、設計スタッフ(正社員・パートタイム)を募集中

jobboard_468

sarutasama1706-01小田原 Hafye

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

キューボデザイン建築計画設計事務所の、設計スタッフ(正社員・パートタイム)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

キューボデザイン建築計画設計事務所では、設計スタッフを募集しています。

アトリエは都心から離れ、海や山に囲まれた自然豊かな神奈川県・大磯にあります。
様々な海外のウェブや雑誌に取り上げられた住宅内です。

http://www.cubod.com/
(cnestというプロジェクトです)

代表の猿田は大学で経営を学んだ後、建築現場に入り、大工を始めました。
その後、独学で建築を学んできています。
お客様と現場とのコミュニケーションを大切にしていることから、クライアント様と食事に行ったり、現場監督さんと食事したりします。

楽しく造れば、いい建築が出来る、をモットーに、一緒に楽しく建築に没頭してくれる人を求めています。

主な仕事は住宅設計に関わる全般です。
スタッフは少数精鋭で考えているので、実際のプレゼンテーションや見積もりのチェック、現場の詳細監理まで、建築業務の全てを習得することができます。
現在4年目の新卒のスタッフは既にプランニングもしています。

募集している雇用形態はスタッフですが、パートタイムも広く募集したいと思います。

謡口志保 / ウタグチシホ建築アトリエによる、愛知・名古屋の、作業場兼用住宅「橘の家」
サムネイル:謡口志保 / ウタグチシホ建築アトリエによる、愛知・名古屋の、作業場兼用住宅「橘の家」

46.26 謡口志保 / ウタグチシホ建築アトリエによる、愛知・名古屋の、作業場兼用住宅「橘の家」

daikei-000
all photos©寺嶋梨里

謡口志保 / ウタグチシホ建築アトリエが設計した、愛知・名古屋の、作業場兼用住宅「橘の家」です。この建築は2016年度(第31回)日本建築学会東海賞の作品賞に選ばれています。

名古屋都心部に残る路地状の狭小地に建つ木造3階建ての作業場兼用住宅である。

クライアントは、名古屋市の大須と矢場町にて3つの飲食店を経営している40代の夫婦である。
3店舗のセントラルキッチンとなる作業場と自宅を兼ねた兼用住宅を建築するため、国道19号線沿いに土地を購入した。
その敷地は、東別院を筆頭に数多くの寺院に囲まれた中区橘町である。歴史的な建物と新しい建物とが混在した街並みの中に位置しまた、国道19号線に面した間口が4m程の狭小変形地であり、建築以前の土地は「都市の残された隙間」と呼べるような特徴的な場所であった。
さらに、道路境界線から11mの範囲は路線式の防火地域に指定されている。
長年に渡る都市の変遷で生れた地形と法規制による「地形」のふたつを考慮しながら、兼用住宅のプログラムを解くことから計画を始めた。

【ap job 更新】 設計施工物件が海外メディア等に取り上げられ、施工部門では著名アトリエの信頼も得ている「株式会社ルーヴィス」が、設計スタッフを募集中
サムネイル:【ap job 更新】 設計施工物件が海外メディア等に取り上げられ、施工部門では著名アトリエの信頼も得ている「株式会社ルーヴィス」が、設計スタッフを募集中

ap job 【ap job 更新】 設計施工物件が海外メディア等に取り上げられ、施工部門では著名アトリエの信頼も得ている「株式会社ルーヴィス」が、設計スタッフを募集中

jobboard_468

roovicesama1706-photo01

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

設計施工物件が海外メディア等に取り上げられ、施工部門では著名アトリエの信頼も得ている「株式会社ルーヴィス」の、設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

ルーヴィスは、住宅や店舗・事務所のリノベーションから新築まで色々な規模の設計施工を行う工務店です。国内外の多数メディアにも取り上げられた「みやがわベーグル」や「カリアゲ」事業など、社会に対してスピード感のあるアイデアを実行・実現しています。

私たちは、リノベーションを通じて建築の選択肢を広げていくために、設計スタッフと施工管理スタッフがお互いのアイデアを交流させながら、日々様々なプロジェクトに取り組んでいます。この設計的価値と施工的価値の両面から建築を捉えることが私たちの強みです。私たちの建築に興味があり、常に新しいデザインや知識を学ぶ好奇心に満ちた方、コミュニケーション能力が高く、明るく楽しんで仕事に取り組むことのできる方を求めています。

最も注目を集めたトピックス [期間:2017/6/19-6/25]

2.97 最も注目を集めたトピックス [期間:2017/6/19-6/25]

アーキテクチャーフォト・ネットで、先週(期間:2017/6/19-6/25)注目を集めたトピックスをまとめてご紹介します。リアルタイムでの一週間の集計は、トップページ右下の「Weekly Top Topics」よりご覧いただけます。


1、長坂常 / スキーマ建築計画による、東京都千代田区のスーパーマーケット「福島屋秋葉原店」

2、ドットアーキテクツの設計・施工による「The Blend Studio」の内覧会と、島田陽・遠藤克彦・浅子佳英・門脇耕三らが参加するトークイベント「The Blend Meeting」が開催 [2017/7/2]

3、POINTによる、東京・新宿区の小間の立礼茶室「夜咄Sahan」

4、トラフによる、東京・渋谷の、新しいスタイルのコンビニ「TRUNK(STORE)」の写真

5、SANAAが2015年にコンペで勝利した、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館の増築の新しい画像

6、藤本壮介がデザインした本棚「forest of books」の写真

7、山本真也建築設計事務所による、東京・世田谷の「スタンプパーティション」

8、藤本壮介・BIG・アジャイら7組が最終候補に残っているスコットランドのパヴィリオン「ross pavilion」設計コンペの提案の画像

9、広島・海田町の新庁舎設計プロポーザルの概要が公開されています

10、OMAのシンクタンク部門AMOによる、漫画をモチーフにして、床に集中線のようなグラフィックを施した、プラダメンズ2018SSの会場デザインの写真

11、「農地転用 原則可能に 政府、商業施設や物流拠点」(日本経済新聞)

12、コムデギャルソンの川久保玲への、朝日新聞によるインタビュー「いつも半分の人に歓迎されず 川久保玲、反骨の40年」

13、青木弘司・畝森泰行・田根剛・御手洗龍ら11組の建築家が出展する「ユメイエ展」がTARO NASUで開催 [2017/7/28-8/12]

14、内藤廣、ブレント・コマー、小泉誠、永山祐子、喜多俊之が審査する「木材を使った家具のデザインコンペ2017」が開催。学生含め幅広く応募可能。入賞者には賞金+入賞・入選作品の国際見本市での展示も。

15、藤野高志 / 生物建築舎が、自身が設計した住宅「グリッド」を解説している動画

16、吉岡徳仁による、東京・銀座の「Hills Avenue Flagship Store」

17、フランシス・ケレが設計して完成した、今年のサーペンタイン・パヴィリオンの写真

18、ザハ・ハディド事務所が、プロダクトのデザインの紹介に特化した「ZAHA HADID DESIGN」というサイトを公開

19、マドリッドにオープンした、ノーマン・フォスター財団の新しい写真

20、二俣公一 / ケース・リアルによる、福岡県福岡市のショップ&ギャラリー「KIYONAGA&CO」


過去の「最も注目を集めたトピックス」はこちらでどうぞ

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・世田谷の、築52年の元診療所兼住宅を改修した住宅+ギャラリー+テナントスペース「三軒茶屋の家」
サムネイル:長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・世田谷の、築52年の元診療所兼住宅を改修した住宅+ギャラリー+テナントスペース「三軒茶屋の家」

86.44 長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・世田谷の、築52年の元診療所兼住宅を改修した住宅+ギャラリー+テナントスペース「三軒茶屋の家」

02_170413_0344
all photos©長谷川健太

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・世田谷の、築52年の元診療所兼住宅を改修した住宅+ギャラリー+テナントスペース「三軒茶屋の家」です。

駅から徒歩3分、比較的大きな二つのビルに挟まれた袋小路がある。 その袋小路を入り、空に向かってぽっかりと開かれたところに築52年になる建物があり、今回それを改修した。もともとその建物は、現住人の祖父の診 療所兼一家の住居として、3代にわたって大事に使われてきた。 今回の建替えにあたり、占有面積を増やしてテナントビルやアパートに建て替えるという選 択も可能だったが、 単に事業性を上げることを目的にするのではなく、「地域に親しまれてきたこの建物をあえて残してそこに新しいアクティビティを生み出すことによって、再び愛される場所に育てよう」という一家の意向のもとに計画は進められた。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。