吉田裕一建築設計事務所がリノベーションした住居「築地・ROOM・H」

( )

Photo at random

吉田裕一建築設計事務所がリノベーションした住居「築地・ROOM・H」

architecture, feature

tsukiji_room_h_10
all photos(C)平林克己

吉田裕一建築設計事務所がリノベーションした住居「築地・ROOM・H」です。

もともとはオフィス使用を想定して作ったビルの中の2室を購入し、1つの住居として住まうためのリノベーションです。クライアントからは生活するために必要な最低限の機能を確保しつつ、外部側になんでもできる場所をできるだけ大きく取りたいという希望がありました。

そうしてできた空間は、住まいとしてだけでなく、オフィスとしてもSOHOとしても使えるであろう強度を有しており、この地域におけるリセールバリュー(再販価値)を上げることも可能にしました。

※以下の写真はクリックで拡大します

tsukiji_room_h_01

tsukiji_room_h_04

tsukiji_room_h_05

tsukiji_room_h_07

tsukiji_room_h_09

tsukiji_room_h_11

tsukiji_room_h_15

tsukiji_room_h_16

tsukiji_room_h_19

以下、建築家によるテキストです。

***********

築地・ROOM・H

もともとはオフィス使用を想定して作ったビルの中の2室を購入し、1つの住居として住まうためのリノベーションです。クライアントからは生活するために必要な最低限の機能を確保しつつ、外部側になんでもできる場所をできるだけ大きく取りたいという希望がありました。また、5〜10年程度住んだら賃貸もしくは転売して他へ移り住むという想定でもありました。建築計画において「ゾーニング」というある類似した性格の空間(機能や部屋)を大まかにまとめて計画していく行為があります。通常はゾーニング後、ゾーンを見る倍率を高めて更に細かく分割していきますが、ここでは逆に倍率を下げ、より大まかに見ることで通常あまり隣り合わないような機能同士をできるだけ間仕切ることなくコンパクトに並列併存させることで、なんでもできる大きな場所を作り出しました。そうしてできた空間は、住まいとしてだけでなく、オフィスとしてもSOHOとしても使えるであろう強度を有しており、この地域におけるリセールバリュー(再販価値)を上げることも可能にしました。

■建築概要
所在地:東京都 中央区
延べ床面積:47.55㎡
設計期間:2013年4月〜7月
施工期間:2014年7月〜9月
プロデュース:スマサガ不動産
設計:吉田裕一建築設計事務所
   (担当:吉田裕一、安藤聖)
施工:P


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact