403architecture [dajiba]による、近隣施設の使用されなくなった家具等を、再構成して作られた、山口情報芸術センターでの展覧会の会場デザイン「プレゼント・シングス」

( )

Photo at random

403architecture [dajiba]による、近隣施設の使用されなくなった家具等を、再構成して作られた、山口情報芸術センターでの展覧会の会場デザイン「プレゼント・シングス」

architecture, feature

00150903_0562

0150903_0429
all photos(C)長谷川健太

403architecture [dajiba]による、近隣施設の使用されなくなった家具等を、再構成して作られた、山口情報芸術センターでの展覧会の会場デザイン「プレゼント・シングス」です。
(「プレゼント・シングス」は403によって名付けられた作品名で、展覧会の名称は『Think Things -「もの」と「あそび」の生態系-』でした。)

山口情報芸術センター[YCAM]の研究開発チーム、インターラボと共同した展覧会の会場構成。「もの」と「あそび」を考えるということがメインのコンセプトであった。見慣れた日用品から、簡単な電子回路やプログラムが組み込まれたガジェットなど、「ツール」と呼ばれるさまざまな「もの」が用意されており、それらは「あそび」を開発するきっかけとして貸し出された。また、「あそび」を専用フォーマットにログとして保存し、その「あそび」自体も貸し出され、ルールが改変されまた別の「あそび」が生まれる、といった様子を「生態系」として観測し、アーカイブが展示された。

われわれはそのような「あそびの生態系」が豊かに育っていくことを支えるような、フィールドとしての「環境」を用意した。使用したのは、近隣の廃校となった小中学校や、使用されなくなった公民館の、机や椅子、棚、ロッカー、建具などである。人口減少や建物の老朽化による、公共施設の再編は全国的な課題であるが、施設のみならず、その中にある備品などの「もの」も、余剰として「あそび」となっていることに着目した。集められた備品は、それぞれ反復して結合され、山や川、森や洞窟などの自然そのままの状況と、公園に設置してあるような、特定の遊び方が決まっている遊具の、中間のような「環境」となることを意図して構成している。展示室というホワイトキューブに近い空間において、まったくフラットで取り留めのない場所を用意するのではなく、消費的な、あるいは常に再現可能な体験を準備するのでもない、「環境」それ自体は際立って意識されることなく、「あそび」を誘発するものとなることをめざした。

※以下の写真はクリックで拡大します

150903_0016

150903_0039

150903_0094

150903_0102

150903_0131

150903_0150

150903_0164

150903_0175

150903_0183

150903_0185

150903_0210

150903_0239

150903_0260

150903_0268

150903_0278

150903_0303

150903_0334

150903_0340

150903_0371

150903_0382

150903_0438

150903_0461

150903_0476

150903_0482

150903_0487

150903_0494

150903_0499

150903_0542

150903_0544

150903_0545

150903_0561

150903_0573

150903_0580

150903_0586

150903_0607

150903_0611

150903_0620

150903_0632

150903_0645

150903_0653

150903_0668

150903_0676

150903_0711

150903_0722

150903_0728

150903_0747

150903_0762

150903_0763

150903_0771

150903_0784

150903_0802

150903_0817

以下、建築家によるテキストです。

***********

プレゼント・シングス

山口情報芸術センター[YCAM]の研究開発チーム、インターラボと共同した展覧会の会場構成。「もの」と「あそび」を考えるということがメインのコンセプトであった。見慣れた日用品から、簡単な電子回路やプログラムが組み込まれたガジェットなど、「ツール」と呼ばれるさまざまな「もの」が用意されており、それらは「あそび」を開発するきっかけとして貸し出された。また、「あそび」を専用フォーマットにログとして保存し、その「あそび」自体も貸し出され、ルールが改変されまた別の「あそび」が生まれる、といった様子を「生態系」として観測し、アーカイブが展示された。
われわれはそのような「あそびの生態系」が豊かに育っていくことを支えるような、フィールドとしての「環境」を用意した。使用したのは、近隣の廃校となった小中学校や、使用されなくなった公民館の、机や椅子、棚、ロッカー、建具などである。人口減少や建物の老朽化による、公共施設の再編は全国的な課題であるが、施設のみならず、その中にある備品などの「もの」も、余剰として「あそび」となっていることに着目した。集められた備品は、それぞれ反復して結合され、山や川、森や洞窟などの自然そのままの状況と、公園に設置してあるような、特定の遊び方が決まっている遊具の、中間のような「環境」となることを意図して構成している。展示室というホワイトキューブに近い空間において、まったくフラットで取り留めのない場所を用意するのではなく、消費的な、あるいは常に再現可能な体験を準備するのでもない、「環境」それ自体は際立って意識されることなく、「あそび」を誘発するものとなることをめざした。
2ヶ月あまりの会期の中で、ログとして記録されているものだけでも、延べ730もの「あそび」が生み出された。それらは、われわれの用意した「環境」に反応して生み出されたものもあれば、ほぼ無関係に生み出されたものも多い。だが、この「環境」は、展覧会で使われることだけを対象としたのではない。学校や公民館といった子どもにとって身近な場所にある様々な「もの」が、元々の意味を残しながらも、その機能が宙吊りになった状態で「あそび」のための「環境」となっていたことで、日常生活のあらゆるところに、根源的な「あそび」の世界の扉を見出してくれるようになることを、期待したものである。

※この記事で紹介している写真は全て長谷川健太によるものです。

■建築概要
展覧会名:Think Things -「もの」と「あそび」の生態系-
空間デザイン:403architecture[dajiba]
会場設計コンサルタント:RAD (Research for Architectural Domain)
写真:Gottingham
アートディレクション:Sulki & Min
主催:山口市、公益財団法人山口市文化振興財団
後援:山口市教育委員会
協力: Climbing Gym & Shop LABO
技術開発:YCAM InterLab
企画制作:山口情報芸術センター[YCAM]
ウェブサイト: http://thinkthings.ycam.jp/
平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact