MARU。architectureによる、プリズミックギャラリーでの建築展「MARU。architectureの宇宙展」の会場写真

( )

Photo at random

MARU。architectureによる、プリズミックギャラリーでの建築展「MARU。architectureの宇宙展」の会場写真

architecture, exhibition

PMG_001_main

PMG_002
all photos(C)中村絵

MARU。architectureによる、プリズミックギャラリーでの建築展「MARU。architectureの宇宙展」の会場写真です。
また、2017年2月12日には、畝森泰行、大西麻貴+百田有希、能作淳平、萬代基介、高野洋平+森田祥子、中村航が参加するギャラリートークも行われます。また、この展覧会についての別の会場写真などが、japan-architects.comにも掲載されています。

以下は公式の展覧会概要。

現在、私達は、個人住宅から大規模公共施設まで幅広い背景を持つ建築に取り組んでいます。 都市と地方、パブリックとプライベート、社会性と経済性、様々に異なるシチュエーションから始まるプロジェクトは、パラレルなようでいて、見えないところで関係しあい、影響し合っています。

この展覧会では、アンビルドから竣工作品まで17のプロジェクトについて、その思考のはじまりに着眼した展示を行います。現代の建築の置かれるカオスティックな状況の中で、それぞれの建築をめぐる思考をつなげながら、1つずつプロジェクトを考えようとしているのです。

【展覧会概要】
会期 2017.1.21(土)~ 2017.3.5(日)
開廊時間 10:00 ~ 18:00|(土日祝)13:00 ~ 18:00

※以下の写真はクリックで拡大します

PMG_003

PMG_004

PMG_005

PMG_006

PMG_007

PMG_008

■展覧会概要
会期 2017.1.21(土)~ 2017.3.5(日)
開廊時間 10:00 ~ 18:00|(土日祝)13:00 ~ 18:00

ギャラリートーク
「思考のはじまりとつながり」
日時:2月12日(日)17:00〜19:00
場所:プリズミックギャラリー(入場無料)

登壇者(五十音順)
畝森泰行(畝森泰行建築設計事務所)
大西麻貴+百田有希(o+h)
能作淳平(ノウサク ジュンペイ アーキテクツ)
萬代基介(萬代基介建築設計事務所)
高野洋平+森田祥子(MARU。architecture)
モデレーター:中村航(Mosaic Design)

今回のトークイベントは、世代を同じくする建築家数組による、それぞれの「はじまりの思考」についてのオープンディスカッションです。 都市と地方、パブリックとプライベート、様々な価値観が揺れ動く現代社会では一つ一つのプロジェクトが置かれる状況や建築に求められる価値も多様です。 それぞれの取り組みは、個別の特殊解のようでもありますが、その中でプロジェクトをどのように思考しはじめたのかを紐解くことによって、これからの建築と社会を考えていくきっかけとしたいと考えています。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact