architecture archive

オンデザインによる千葉県館山市の住宅「庭のふちどり」の内覧会が開催[2015/4/25]

20.15 オンデザインによる千葉県館山市の住宅「庭のふちどり」の内覧会が開催[2015/4/25]

オンデザインによる千葉県館山市の住宅「庭のふちどり」の内覧会が開催されます

オンデザインが設計した千葉県館山市の住宅「庭のふちどり」の内覧会が開催されます。開催日は、2015年4月25日。こちらのページで模型写真などを見る事が出来ます

ここは南房総の海と山がのぞめる、都心では手に入らない場所。
ここでしか感じることができない風景ごとに庭をおき、そのまわりを生活の景色でふちどりました。
季節や天気、その組合せで海や山の色や見方も変わるように、サーフィンから帰ってきたとき、パーティをするとき、朝起きて夜寝るまで、住む人訪れる人が作り出し感じる景色も日々違ったものになる。
自然をふちどる住宅の提案です。

伊藤暁による「横浜の住宅」の、山岸剛が撮影した写真

11.59 伊藤暁による「横浜の住宅」の、山岸剛が撮影した写真

伊藤暁による「横浜の住宅」の、山岸剛が撮影した写真が公式サイトに掲載されています

伊藤暁が設計した「横浜の住宅」の、山岸剛が撮影した写真が公式サイトに掲載されています。

横浜の北側傾斜地に立つ住宅。擁壁に埋もれてしまう一階の明るさを確保し、二階からの順光の北側眺望を活かすため、一階の階高を4mとして二階の床を持ち上げている。

ザハ・ハディドが、大理石加工会社・Citcoのためにデザインした、テーブルと花瓶の写真

11.29 ザハ・ハディドが、大理石加工会社・Citcoのためにデザインした、テーブルと花瓶の写真

ザハ・ハディドが、大理石加工会社・Citcoのためにデザインした、テーブルと花瓶の写真がdezeenに掲載されています

ザハ・ハディドが、大理石加工会社・Citcoのためにデザインした、テーブルと花瓶の写真が12枚、dezeenに掲載されています。ザハの有機的なフォルムと、大理石の模様が組み合わさり、存在感のあるプロダクトになっています。

OMAが、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の中国館の会場デザイン等を手掛ける事に

3.41 OMAが、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の中国館の会場デザイン等を手掛ける事に

OMAが、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の中国館の会場デザイン等を手掛ける事になったそうです

OMAが、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の中国館の会場デザイン等を手掛ける事になったそうです。リンク先のdezeenに概要が掲載されています。

槇文彦の設計で、東京・墨田区に「刀剣博物館」が移転 西沢大良が会場構成を手掛けた、若手建築家5名の建築展「MAKE ALTERNATIVE TOWN」の会場写真など

22.18 西沢大良が会場構成を手掛けた、若手建築家5名の建築展「MAKE ALTERNATIVE TOWN」の会場写真など

西沢大良が会場構成を手掛けた、若手建築家5名の建築展「MAKE ALTERNATIVE TOWN」の会場写真などがjapan-architects.comに掲載されています

西沢大良が会場構成を手掛けた、若手建築家5名の建築展「MAKE ALTERNATIVE TOWN」の会場写真などが18枚、japan-architects.comに掲載されています。出展しているのは、畝森泰行・中村真広・松井亮・中川エリカ・久保秀朗です。

南後由和による、建築メディアのあり方等に言及した論考「中間建築ジャーナリズムの模索」

2.56 南後由和による、建築メディアのあり方等に言及した論考「中間建築ジャーナリズムの模索」

南後由和による、建築メディアのあり方等に言及した論考「中間建築ジャーナリズムの模索」がWEB版建築討論に掲載されています

南後由和による、建築メディアのあり方等に言及した論考「中間建築ジャーナリズムの模索」がWEB版建築討論に掲載されています。

書籍 『KJ 2015年4月号 特集:山﨑健太郎デザインワークショップ』のプレビュー
サムネイル:書籍 『KJ 2015年4月号 特集:山﨑健太郎デザインワークショップ』のプレビュー

11.26 書籍 『KJ 2015年4月号 特集:山﨑健太郎デザインワークショップ』のプレビュー

image-0000

書籍『KJ 2015年4月号 特集:山﨑健太郎デザインワークショップ』をプレビューします。
山﨑健太郎は、2015年日本建築学会賞新人賞を「糸満漁民食堂」で受賞しています。アーキテクチャーフォトでは過去に、山崎の作品を特集記事として多数紹介しています。

今、建築にできることは、なにか。
ストック時代と呼ばれる現代に私たちが建築を設計することによってできることは何なのか。

ある地域づくりの仕事をきっかけにそんなことを考え始めた。その後、素晴らしいクライアントたちと出会い、濃密なプロジェクトをともにできた。それぞれのプロジェクトに共通することは、施設を使い続けるために新しい使い方をクライアントと共創していることだ。そして、それはささやかだけれど「小さな公共」のための建築に向かっているのではないかと思っている。本特集では、これまでに取り組んだ4つの仕事を紹介している。

アリソン・キリングによるTEDでの講演「より良い死を迎えるために、建築ができること」の動画(日本語字幕付)

5.59 アリソン・キリングによるTEDでの講演「より良い死を迎えるために、建築ができること」の動画(日本語字幕付)

アリソン・キリングによるTEDでの講演「より良い死を迎えるために、建築ができること」の動画です。日本語字幕つきです。

この短くも刺激的な講演で、建築家のアリソン・キリングが焦点を当てるのは、墓地や病院、家といった私たちが死を迎える建物です。死の迎え方が変わりつつある今、死にゆく場所としての建物のあり方も変わるべきではないのか―アリソンは、私たちの街や生活の隠れた面に着目し、思いもつかないような素敵な見方を提示します。

[ap job 更新] アーキネットデザイン一級建築士事務所が設計スタッフ(正社員)を募集中
サムネイル:[ap job 更新] アーキネットデザイン一級建築士事務所が設計スタッフ(正社員)を募集中

ap job [ap job 更新] アーキネットデザイン一級建築士事務所が設計スタッフ(正社員)を募集中

shin-job-468px

アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

アーキネットデザイン一級建築士事務所の設計スタッフ(正社員)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードのページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

服部信康建築設計事務所による、1900万円台というローコストで完成させた切妻の住宅の写真

44.12 服部信康建築設計事務所による、1900万円台というローコストで完成させた切妻の住宅の写真

服部信康建築設計事務所のサイトに、1900万円台というローコストで完成させた切妻の住宅の写真が掲載されています

服部信康建築設計事務所のサイトに、1900万円台というローコストで完成させた切妻の住宅の写真が掲載されています。なお設計料も含まれているとのことです。

今回は箱屋プロジェクトとしての住まいです。
設計費から建築工事費までの金額を1900万円代で(消費税・外構費は除く)どんな箱が出来るかを、監督さんから職人さんまで巻き込み知恵を出し合い、一つの目標に取り組んだ物件です。
単にローコストではなく設計者も工務店さんも職人さんも、仕事として赤字にならない事を前提にして、その中で住まい手が豊かに感じてもらえるように一つ一つ大事なことを自覚をしながら作り上げた屋根型の箱が完成致しました。
5月末にお庭の工事をみんなで進めたいと思っています。
興味のある方は是非、参加して頂けると嬉しいです。
日時が決まり次第、NEWS で告知します。

2015年日本建築学会賞の各賞が発表。作品賞はTNAの「上州富岡駅」と、福島加津也+冨永祥子の「木の構築」

49.00 2015年日本建築学会賞の各賞が発表。作品賞はTNAの「上州富岡駅」と、福島加津也+冨永祥子の「木の構築」

2015年日本建築学会賞の各賞が発表されています

2015年の日本建築学会賞の各賞が発表されています。作品賞はTNAの「上州富岡駅」と、福島加津也+冨永祥子の「木の構築」が選ばれています。リンク先に選考の理由等も掲載されています。
2015年日本建築学会賞(業績)では、京都工芸繊維大学による「村野藤吾図面資料アーカイブを用いた一連の展覧会・教育・研究事業」などが、新人賞には、成瀬・猪熊建築設計事務所のシェアハウス「LT城西」、鈴木亜生の「SHIRASU」、山﨑健太郎の「糸満漁民食堂」などが選ばれています。

book『磯崎新と藤森照信の茶席建築談議』
サムネイル:book『磯崎新と藤森照信の茶席建築談議』

1.50 book『磯崎新と藤森照信の茶席建築談議』

書籍『磯崎新と藤森照信の茶席建築談議』がamamzonで予約受付中です

書籍『磯崎新と藤森照信の茶席建築談議』がamamzonで予約受付中です。発売は、2015年4月22日を予定。

茶席は建築か?
ビルディングタイプの「茶室」から、「囲い」と見立てた、広間の「茶席」……、談義のテーマは限りなく広い。
中国と日本の、茶と茶にまつわる空間・思想・人物などについて、現代建築界の第一人者であり、茶の世界を知りうる二人、磯崎新と藤森照信が、時代ごとに談義を繰り広げる。
中国(から)寄りのテーマ(栄西、天心ら)を磯崎氏が、日本(わ)寄りのテーマ(利休など)を藤森氏が、時々の茶人、近現代の建築家、寄書(南方録、茶の本など)を取り上げながら時には脱線しつつ語り合う。
さらには、そのバックにある日本建築史の持論にも言及する。
世界的に傑出して、今なおアクティブな活動を続けている磯崎氏の推察に対して、建築史のオーソリティーであり、ユニークな茶室論を展開しつつ、国内外に茶室をはじめ奇想天外な建築をつくり続けている藤森氏が鋭く応戦する。
本書は、建築を古今東西の歴史のなかで語ることができ、茶の世界を知りうる二人だからこそ語り合える、茶の歴史をめぐる「茶席建築口伝」である。

磯崎新と藤森照信の茶席建築談議
磯崎新 藤森照信
4897377862

「軽井沢の吉村順三作品をリノベしたカフェがオープン」(新建ハウジング) abanbaによる「二子玉川の動物病院」 book『建築知識2015年5月号 特集:最高の設計事務所で修業しないとわからない建材の選び方・使い方』
サムネイル:book『建築知識2015年5月号 特集:最高の設計事務所で修業しないとわからない建材の選び方・使い方』

7.62 book『建築知識2015年5月号 特集:最高の設計事務所で修業しないとわからない建材の選び方・使い方』

書籍『建築知識2015年5月号 特集:最高の設計事務所で修業しないとわからない建材の選び方・使い方』がamazonで発売されています

書籍『建築知識2015年5月号 特集:最高の設計事務所で修業しないとわからない建材の選び方・使い方』がamazonで発売されています。意匠性の高い既製品建材等をジャンルごとに紹介しています。実用性の高い一冊。

建築知識2015年5月号
B00TIVB6Z0

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。