スペイシャルプラクティスによる、ブルガリアのヴァルナ公立図書館国際設計競技の3等案

( )

Photo at random

スペイシャルプラクティスによる、ブルガリアのヴァルナ公立図書館国際設計競技の3等案

architecture, competition, feature

1-spatial-practice-varna-library-city-view---high-res

香港の建築設計事務所スペイシャルプラクティスによる、ブルガリアのヴァルナ公立図書館国際設計競技の3等案です。

計画地ヴァルナは、世界最古の黄金の宝物が発見された場所で、オスマン期には数多くの木造建築が立ち並び、ブルガリアの「海の首都」と呼ばれる場所です。

今日、仮想デジタルの影響はソーシャルメディアと他のメディア によって度々称賛され、我々は様々なメディアにつながり、露出することを切望する世界に住んでいます。 その中で公共空間の役割はますます再定義され、もはや単体のプログラムを内包する古典的な空間ではなく、都市空間の中で常に何かが起こ り、日常の一部として生活に溶け込む本当の意味でのプラットフォームとなることが求められています。

我々の提案は、図書館の構成のあり方を再構築し、この地域に根 付いた歴史を尊重すると共に、現代の「都市のアゴラ」をつくだすことです。それは、市民が彼ら自身のプライベート空間を図書館に拡張する のを許容するのと同時に、訪問客に出会い、知識の交換、促進を提供するまちに開かれた図書館です。

※以下の写真はクリックで拡大します

2-spatial-practice-varna-library-site-plan---high-res

3-spatial-practice-varna-library-concept-diagram---high-res

4-spatial-practice-varna-library-main-view---high-res

5-spatial-practice-varna-library-groundfloor---high-res

6-spatial-practice-varna-library-plans---high-res

7-spatial-practice-varna-library-interior-view---high-res

8-spatial-practice-varna-library-circulation-diagram---high-res

9-spatial-practice-varna-library-urban-view---high-res

10-spatial-practice-varna-library-section-a-a'---high-res

11-spatial-practice-varna-library-section-b-b'---high-res

12-spatial-practice-varna-library-reading-space---high-res

13-spatial-practice-varna-library-night-view---high-res

以下、建築家によるテキストです。

************

この度、スペイシャルプラクティスは、ヴァルナ(ブルガリア) 公立図書館国際設計競技において、370の応募者から3等賞に選出されました。

計画地ヴァルナは、世界最古の黄金の宝物が発見された場所で、オスマン期には数多くの木造建築が立ち並び、ブルガリアの「海の首都」と呼ばれる場所です。

今日、仮想デジタルの影響はソーシャルメディアと他のメディア によって度々称賛され、我々は様々なメディアにつながり、露出することを切望する世界に住んでいます。 その中で公共空間の役割はますます再定義され、もはや単体のプログラムを内包する古典的な空間ではなく、都市空間の中で常に何かが起こ り、日常の一部として生活に溶け込む本当の意味でのプラットフォームとなることが求められています。

我々の提案は、図書館の構成のあり方を再構築し、この地域に根 付いた歴史を尊重すると共に、現代の「都市のアゴラ」をつくだすことです。それは、市民が彼ら自身のプライベート空間を図書館に拡張する のを許容するのと同時に、訪問客に出会い、知識の交換、促進を提供するまちに開かれた図書館です。

ヴァルナ図書館は基本的に3の要素から構成されます。

1. 断面的L字型に構成されるヴァルナのこれまでの歴史とコレク ションを内包するコンクリートのボリューム。

2. その硬いボリュームをあたたかく包み込む木製マリオンのかご

3. 2つのボリュームの間にできた都市のアゴラ。

先の曲がった木製マリオンは、伝統的な木造建築と金を象徴する 屋根にインスパイアされ、暖かさ、優雅さと柔らかさで内部空間を優しく包み込みのと同時に、質素なコンクリートでできた近隣の街並みと対 比した新しいランドマークとなります。 洞窟状に切り取られたファサードは、周辺環境とビジターを内部空間へ引き込むのと同時に、海を眺め、風を感じる木のぬくもりに覆われたテ ラス空間提供します。また、先の曲がった木製マリオンは、見る角度によって存在を消失させ、規則正しく柔軟性の高い大きなプラットフォー ムとは対照的に建物に彩りとゆらぎを与えます。その上、アトリウム空間は、アゴラ空間を垂直につなげ、図書館として必要な3つの区画を機 能的に分割し、隣接したホールと視覚的、動線的に直接接続しています。

木造建築から時代を経てコンクリート建築へと移行したヴァルナ の都市の歴史を内包し、既存の緑に覆われたパブリックスペースをそっと包み込むように、様々な人が気軽に利用できる”半透明な図書館”の 提案です。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact