若林秀典建築設計事務所による、滋賀の住宅「米原の家」

( )

Photo at random

若林秀典建築設計事務所による、滋賀の住宅「米原の家」

architecture, feature

maibaranoie-00
all photos(C)笹倉洋平 / 笹の倉舎

若林秀典建築設計事務所が設計した、滋賀の住宅「米原の家」です。

敷地は滋賀県米原市、伊吹山麓に位置する自然豊かな集落にある。北側には生家でもある両親の住まいがあり、中庭を挟んで子世帯の住宅を新たに計画する。今もなお地域との繋がりが強いこの場所において、親から子へ受け継がれてゆく地域コミュニティを享受するためのパブリック性と家族のプライバシーを確保することの両立が求められた。

※以下の写真はクリックで拡大します

maibaranoie-01

maibaranoie-02

maibaranoie-03

maibaranoie-04

maibaranoie-05

maibaranoie-07

maibaranoie-08

maibaranoie-09

maibaranoie-10

maibaranoie-11

maibaranoie-12

maibaranoie-13-1Fplan

maibaranoie-14-2Fplan

maibaranoie-15-section

以下、建築家によるテキストです。

**********

米原の家

敷地は滋賀県米原市、伊吹山麓に位置する自然豊かな集落にある。北側には生家でもある両親の住まいがあり、中庭を挟んで子世帯の住宅を新たに計画する。今もなお地域との繋がりが強いこの場所において、親から子へ受け継がれてゆく地域コミュニティを享受するためのパブリック性と家族のプライバシーを確保することの両立が求められた。
そこで1階はリビングダイニングを中心とした開放的な空間に。南北の大開口を開け放てば、南庭のテラスから北側の中庭までが一体的に繋がり、光と風が通り抜ける。従来、日本の住まいは縁側などの緩衝領域を持つことで、内外を緩やかに繋いでいた。本計画ではリビングダイニングが直接これを担うことで、内部とも外部とも感じられる空間が出現する。大きく持ち出した庇と外部テラスは内外をシームレスに繋ぎ、連続性をより強く感じさせる。そこでリビングはフロアレベルから900mm掘り込み、開放的な中にも落ち着きを感じられる空間にしている。
2階は寝室・子供室とテラスからなるプライベート空間に。都市住宅とは違い周囲に高層の建物が無いため空がより広く、そして近く感じられる。そこでテラスを複数に分け各室とともに配置した。これによりテラスがバッファの役割を果たし、各室のプライバシーを確保するとともにさまざまな自然環境を感じさせてくれる。
この住まいは周辺環境を内部へと取込み外部空間との繋がりを得るとともに、住まい手の生活が周囲へと溢れ出すことによって、より地域との濃密な関係を築くきっかけの場となる。若い家族にとってこの住まいが地域の中で豊かな暮らしを育む新たな“居場所”となることを願ってやまない。

■建築概要
設計:若林秀典建築設計事務所
構造設計:ハシゴタカ建築設計事務所
所在地:滋賀県米原市
用途:専用住宅
敷地面積:204.22㎡
建築面積:96.24㎡
延床面積:149.07㎡
階数:地上2階
構造:木造
竣工:2016.03
施工:NoveWorks
撮影:笹倉洋平 / 笹の倉舎


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact