篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所のよる栃木県宇都宮市の住宅「House I」

( )

Photo at random

篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所のよる栃木県宇都宮市の住宅「House I」

architecture, feature

HouseI_09
photo(C)池本史彦

篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所が設計した栃木県宇都宮市の住宅「House I」です。

HouseI_01

HouseI_02

HouseI_03

HouseI_04

HouseI_05

HouseI_06

HouseI_07

HouseI_08

HouseI_10

HouseI_11

HouseI_12

以下、建築家によるテキストです。

**********

House I

住宅と田畑がひろがる周辺環境の中に建つ、3人家族のための住宅である。地元で採掘される大谷石でつくられた囲いの中に、大屋根を支える放射状の壁がひろがることでそれぞれの生活空間をつくっている。敷地は袋小路の突き当たりに位置し、心地のよい奥まった感覚を感じる場所であり、隣家の庭や畑、洗濯物などが垣間見えて、近隣の気配も感じられる開放的な場所でもある。近隣の人たちと庭越しに挨拶したり、塀をまたいでお互いに行き来するといった風景がひろがる場所である。
そのような場所に、家族の生活が周囲と連続しながら包まれている住宅を目指した。家という箱ではなく生活の囲いをつくり、そしてその囲いは出入り口をつくる外壁になったり、周囲を眺める窓の高さによって塀になったりと、生活の動きによって変化していく住宅である。平面的に偏平したこの囲いの中には壁が放射状にひろがっていて、その間に家族が集まったり離れたり、少し隠れたりという変化する距離を感じながら生活していく構成になっている。この壁はアーチ状に連なり大屋根を支えていて、その間に大きさの異なる生活の隙間をつくっているのと同時に、中心にはアーチに囲われて包まれた空間をかたちつくっている。大屋根の高さは中心からの奥行とともに変化していき、偏平した平面と相乗して方向性のない一体的なパースペクティブをつくっている。中心からひろがり、同時に中心にむかっていくような視点である。
囲うことと仕切ること、その構成によって周辺とともに多様な生活が展開する住宅を目指している。

■建築概要
場所/ 栃木県宇都宮市
敷地面積/218.89㎡
建築面積/91.76㎡
延床面積/91.76㎡
構造規模/ 木造平屋
最高高さ/ 4.83m
設計監理/篠崎弘之建築設計事務所
構造設計/寺戸巽海構造計画工房
施工/ マスケン
設計期間/2012.11~2013.03
施工期間/2013.05~2013.10


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact