Photo at random

Topics

最も注目を集めたトピックス [期間:2018/12/3-12/9]

architecture, feature

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2018/12/3-12/9)注目を集めたトピックスをまとめてご紹介します。リアルタイムでの一週間の集計は、トップページ右下の「Weekly Top Topics」よりご覧いただけます。

**********

1、宮城島崇人建築設計事務所による、北海道の既存建物を改修した、牧夫のための住宅「丘の家/牧場に建つ家 no.1」

2、金沢に2019年夏オープン予定の「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」の外観CG画像

3、伊東豊雄が、スペインのエルミタージュ美術館バルセロナの設計コンペに勝利

4、小澤丈夫+宮城島崇人+菊池規雄による、北海道の、元スーパーマーケットの鉄骨フレームを再利用したコミュニティ施「丘のまち交流館"bi.yell"」

5、今津康夫 / ninkipen!による、奈良の築50年の住宅を改修した、照明ブランドのオフィス兼ショールーム「NEW LIGHT POTTERY」

6、スタジオ・ムンバイが既存集合住宅を改修した、広島・尾道の宿泊施設「LOG」が予約受付を開始中

7、乾・RING・フジワラボ・o+h・吉村設計共同体による、京都市立芸術大学の移転計画の基本設計の概要が公開

8、畝森・teco設計共同体が、岩手の「北上市保健・子育て支援複合施設」設計プロポで特定

9、隈研吾による、神奈川・港北区の「高木学園付属幼稚園」の写真

10、畑友洋による兵庫の住宅「円側の家」の、矢野紀行が撮影・制作した動画

11、隈研吾による、東京・吉祥寺のハモニカ横丁にある奄美大島のアンテナショップ「奄美」の写真

12、山﨑健太郎がデザイン監修した、京都・京田辺市の温泉複合施設「スパ&ホテル水春 松井山手」の写真

13、大野友資 / DOMINO ARCHITECTSによる、六本木ヒルズでのツリーを中心としたクリスマスインスタレーション「MY DEAR CHUNKY」

14、オルジアティの設計で完成してオープンした、バーレーンの、ユネスコ世界遺産登録された真珠採取業の遺構の為のヴィジターセンターの写真

15、noizのミン・キョンソクによる、最新住宅の設計でも使用された技術を解説したテキスト「リアルタイム・ビジュアライゼーション 一回の体験は一千の絵に匹敵する」

16、成瀬友梨・吉村靖孝らが選考する、東京・銀座などを対象とし新しい都市空間のためアイデアを募集するコンペ「WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION」が開催。賞金総額は約220万円。

17、田根剛の会場デザインによる、青山・スパイラルでの「CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展」の写真

18、トラフが会場構成を手掛けた、世田谷文学館での「筒井康隆展」の写真

19、山田守のNHK・BSでの特集番組「京都タワーをつくった男~建築家・山田守 知られざる闘い~」が放送 [2018/12/10]

20、「建築物デザインも知的財産で保護 酷似でトラブル防ぐ 法改正へ」(NHK NEWS WEB)


「建築物デザインも知的財産で保護 酷似でトラブル防ぐ 法改正へ」(NHK NEWS WEB)

architecture, culture

「建築物デザインも知的財産で保護 酷似でトラブル防ぐ 法改正へ」という記事が、NHK NEWS WEBに掲載されています

「建築物デザインも知的財産で保護 酷似でトラブル防ぐ 法改正へ」という記事が、NHK NEWS WEBに掲載されています。2017年には「ステラ・マッカートニー事件」の判決等でも話題になったトピックだと思います。この事件についての原告側弁護士・水野祐の見解が記された記事はこちら。こちらのPDFに判例研究の目的で経緯がまとめられたPDFがありました

noizのミン・キョンソクによる、最新住宅の設計でも使用された技術を解説したテキスト「リアルタイム・ビジュアライゼーション 一回の体験は一千の絵に匹敵する」

architecture

noizのミン・キョンソクによる、最住宅の設計でも使用された技術を解説したテキスト「リアルタイム・ビジュアライゼーション 一回の体験は一千の絵に匹敵する」が、kviz.jpに掲載されています

noizのミン・キョンソクによる、最新住宅の設計でも使用された技術を解説したテキスト「リアルタイム・ビジュアライゼーション 一回の体験は一千の絵に匹敵する」が、kviz.jpに掲載されています。
実際の住宅設計のプロセスで使用された「建築リアルタイム・ビジュアライゼーション」について解説されていて読みごたえがあります。

伊東豊雄が、スペインのエルミタージュ美術館バルセロナの設計コンペに勝利

architecture, art, competition

伊東豊雄が、スペインのエルミタージュ美術館バルセロナの設計コンペに勝利したとのことです

伊東豊雄が、スペインのエルミタージュ美術館バルセロナの設計コンペに勝利したとのことです。リンク先の現地のニュースサイトに画像が1枚掲載されています。新しく開設された美術館のサイトでも異なる画像を1枚見ることができます

オルジアティの設計で完成してオープンした、バーレーンの、ユネスコ世界遺産登録された真珠採取業の遺構の為のヴィジターセンターの写真

architecture, remarkable

ヴァレリオ・オルジアティの設計で完成してオープンした、バーレーンの、ユネスコ世界遺産登録された真珠採取業の遺構の為のヴィジターセンターの写真がSNSに投稿されていましたので公式埋め込み機能で紹介します。施設の概要はこちらに。施設の公式サイトはこちらです。

続きを読む...

佐貫大輔 / Sanuki Daisuke Architectsによる、ベトナムの既存ビルを改修したコワーキングペース「Publik Office in SAIGON」の写真

architecture

佐貫大輔 / Sanuki Daisuke Architectsによる、ベトナムの既存ビルを改修したコワーキングペース「Publik Office in SAIGON」の写真がarchdailyに掲載されています

佐貫大輔 / Sanuki Daisuke Architectsが設計した、ベトナムの既存ビルを改修したコワーキングペース「Publik Office in SAIGON」の写真が48枚、archdailyに掲載されています。

ザハ・ハディド・アーキテクツとA_Labが、コンペで勝利した、ノルウェー・オスロの二つの新駅の画像

architecture, competition

ザハ・ハディド・アーキテクツとA_Labが、コンペで勝利した、ノルウェー・オスロの二つの新駅の画像がarchdailyに掲載されています

ザハ・ハディド・アーキテクツA_Labが、コンペで勝利した、ノルウェー・オスロの二つの新駅の画像が13枚、archdailyに掲載されています。

アルベルト・カラチとTAXが2016年に完成させた、メキシコの、ドミノシステムのコンセプトを熱帯地方に適応させた住宅「Zicatela」の写真

architecture, remarkable

アルベルト・カラチとTAXが2016年に完成させた、メキシコの、ドミノシステムのコンセプトを熱帯地方に適応させた住宅「Zicatela」の写真が、archdailyに掲載されています

アルベルト・カラチとTAX(Taller De Arquitectura X)が2016年に完成させた、メキシコの、コルビュジエのドミノシステムのコンセプトを熱帯地方に適応させた住宅「Zicatela」の写真が17枚、archdailyに掲載されています。

吉岡徳仁、アトリエ・ビアジェッティ、アトリエ・オイが、ルイヴィトンの為にデザインした家具シリーズ「objets nomades」の写真

design

吉岡徳仁、アトリエ・ビアジェッティ、アトリエ・オイが、ルイヴィトンの為にデザインした家具シリーズ「objets nomades」の写真がdesignboomに掲載されています

吉岡徳仁アトリエ・ビアジェッティ(atelier biagetti)アトリエ・オイ(atelier oï)が、ルイヴィトンの為にデザインした家具シリーズ「objets nomades」の写真が7枚、designboomに掲載されています。

トラフが会場構成を手掛けた、世田谷文学館での「筒井康隆展」の写真

architecture, culture, exhibition

トラフが会場構成を手掛けた、世田谷文学館での「筒井康隆展」の写真が公開されています

トラフが会場構成を手掛けた、世田谷文学館での「筒井康隆展」の写真が12枚公開されています。会期は2018年12月9日まで。

世田谷文学館開催の「筒井康隆展」会場構成。全てにおいて規格外の全身前衛作家・筒井康隆にとって、初の大規模な個展となる。ショウアップに徹底し、現役作家ならではのライブ感を保ちながら、作品の持つ世界観を立体的にみせる展示空間を求められた。

作品テーマやジャンルが、時間を超え、また多岐に渡って交錯しているため、分類展示ではなく、一本の時間軸にのせて紹介する年表を展示構成の核とした。69枚のラワン合板に刻まれた年表は、展示会場に一筆書きで描かれた線に沿って、高さを変えながら配されていく。構成は、グラフィックを手掛けたTAKAIYMAMA.incと練り上げた。

エンターテインメント性があり、一般に受け入れられやすい作品の一方で、タブー性の高い作品や、予測不能な実験作も多く存在する。その2面性をパネルの表と裏を用い、合板素地に直接印刷されたカラフルな年表と、裏面の黒を基調としたグラフィックで表現した。 年表を読みながら足を進めていくと、所々に設けられた覗き穴や開口によって、パネルに隔てられた空間を視覚的に繋ぎ、9mmの合板が境界線となって、会場内の表と裏の二つの世界をパラレルに体験できる空間となっている。

膨大な情報を、薄いパネルに集約させ、一本の線に沿って繋いでいくことで、筒井康隆の表裏一体の独特な世界観を感じられる展示空間を目指した。

隈研吾による、神奈川・港北区の「高木学園付属幼稚園」の写真

architecture

隈研吾のウェブサイトに、神奈川・港北区の「高木学園付属幼稚園」の写真が掲載されています

隈研吾のウェブサイトに、神奈川・港北区の「高木学園付属幼稚園」の写真が7枚掲載されています。

アートディレクター森本千絵さんとコラボした、建築とグラフィックとアートがボーダーのない、ゆるくて楽しい幼稚園をデザインした。
森本さんの絵が壁一面にプリントアウトされ、夢と現実とが融けあった、子供のための不思議空間が、横浜の街の中に突如出現した。

ティルマンスが、イギリスのオペラ・カンパニーのイングリッシュ・ナショナル・オペラとコラボした舞台の写真

architecture, art, design, remarkable

ヴォルフガング・ティルマンスが、イギリスのオペラ・カンパニーのイングリッシュ・ナショナル・オペラとコラボした舞台美術の写真がtheguardianに掲載されています

ヴォルフガング・ティルマンスが、イギリスのオペラ・カンパニーのイングリッシュ・ナショナル・オペラとコラボした舞台美術の写真が16枚、theguardianに掲載されています。ティルマンスの写真が大胆に舞台の中で使用されています。ティルマンスの公式サイトにも写真があります

田根剛の会場デザインによる、青山・スパイラルでの「CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展」の写真

architecture, exhibition

photo©japan-architects.com

田根剛の会場デザインによる、青山・スパイラルでの「CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展」の写真が、japan-architects.comに掲載されています

田根剛の会場デザインによる、東京・青山のスパイラルでの「CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展」の写真が、japan-architects.comに掲載されています。会期は2018年12月16日20:00まで。
以下は展覧会公式の概要です。

シチズンは、1918年に創業し、今年100周年を迎えました。シチズン時計の100年の歴史と、これから向う未来、そして、ここにある「今」、私達を取り巻く全てを祝福し、喜びと感謝をより多くの方々と共有するために『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』を開催いたします。

6年に渡り「時とは何か?」を共に問い続けてきた建築家の田根剛氏(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)と、シチズンの時計メーカーとしての信念を表現する展示空間を、好評を博した2014年に引き続き、スパイラルガーデンにて展開します。

シチズン時計が考える、時間と時計の「今」を是非ご覧ください。

MoMAで行われている建築展「Concrete Utopia: Architecture in Yugoslavia, 1948-1980」の会場で見所をキュレーターが解説している動画

architecture, exhibition, movie, remarkable

MoMA(ニューヨーク近代美術館)で行われている建築展「Concrete Utopia: Architecture in Yugoslavia, 1948-1980」の会場で見所を二人のキュレーター(Martino StierliとVladimir Kulić)が解説している動画です。会期は2019年1月13日まで。展示の公式サイトはこちら

続きを読む...

過去のTopics


Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Weekly Top Topics

  1. 「改正建築士法が成立、建築士試験が実務経験なしで受験可能に」(日経XTECH)
  2. 山本理顕が設計を手掛ける、愛知の名古屋造形大学新キャンパスの画像とコンセプト
  3. 伊東豊雄が、スペインのエルミタージュ美術館バルセロナの設計コンペに勝利
  4. A.C.E. 波多野一級建築士事務所 / 波多野崇による、京都・左京区の店舗併設住宅「窓緑の家」
  5. スタジオ・ムンバイが既存集合住宅を改修した、広島・尾道の宿泊施設「LOG」の写真
  6. 隈研吾による、台湾の、屋根のみが地面に置かれたような形状の廟「TAO」の写真
  7. ハーバード大学GDSの、インスタグラムアカウントの運用が緻密で驚かされます
  8. 平田晃久のウェブサイトがリニューアルしています
  9. nendoがデザインを手掛けた、ゼブラ社のボールペン「blen(ブレン)」の特設ページ
  10. 藤本壮介らによる、フランス・モンペリエの、大きく張り出したベルコニーの連なりが特徴的な集合住宅・オフィス・ギャラリーなどの複合施設の、ほぼ完成した外観写真
  11. 隈研吾による、台湾の、リサイクルコンテナを積み上げたカフェ「スターバックス花蓮湾ストア」の写真
  12. 「安藤忠雄氏の風の教会を多目的ホールに再生/19年5月から事業スタート/神戸市が賑わい創出事業に選定 」(建設ニュース)
  13. 宮城島崇人建築設計事務所による、北海道の既存建物を改修した、牧夫のための住宅「丘の家/牧場に建つ家 no.1」
  14. 「建築物デザインも知的財産で保護 酷似でトラブル防ぐ 法改正へ」(NHK NEWS WEB)
  15. チッパーフィールドによる、ロンドンの、六角形平面で仕上げによるマッシブな表情が特徴的な2本の高層集合住宅「Hoxton Press」の写真
  16. 金沢に2019年夏オープン予定の「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」の外観CG画像
  17. 6a・アーキテクツによる、ロンドンの、使用される素材・色・寸法等の組み合わせによって、他にない独特の空気感が生まれているコンセプトショップ「Blue Mountain School」の写真
  18. アイレス・マテウスが増築を計画している、フランス・トゥールーズの「オーギュスタン美術館」の画像
  19. イシダアーキテクツスタジオによる、長野・軽井沢の別荘「積葉の家」の写真
  20. 隈研吾による、台湾での台中花博(2018)のためのパヴィリオン「台中花博台開積木概念館」の写真

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact