Photo at random

Topics


隈研吾による、アメリカ・ポートランドの、天井に配置されたすだれのデザインが特徴的なレストラン「Shizuku by Chef Naoko」の写真

architecture

隈研吾のサイトに、アメリカ・ポートランドの、天井に配置されたすだれのデザインが特徴的なレストラン「Shizuku by Chef Naoko」の写真が掲載されています

隈研吾のウェブサイトに、アメリカ・ポートランドの、天井に配置されたすだれのデザインが特徴的なレストラン「Shizuku by Chef Naoko」の写真が5枚掲載されています。

 コンパクトシティとして世界から注目されているアメリカ西海岸の都市、ポートランドのダウンタウンに位置する、日本レストラン。地元の食材を徹底的に用いたオーガニックで手作り感のある料理は、世界から注目されている。
 空間はスダレ(竹ヒゴを用いた半透明のスクリーン)によってやわらかに区切られている。通常のスダレの垂らし方を90度ツイストすることで、自由なカーブを持たせた曲面を作ることが可能となり、そのオーロラのような形状のスクリーンが、光をやわらかくろ過しながら、空間に心地よい場(field)を提供している。

今津康夫 / ninkipen!による、大阪のセレクトショップ「guji e biglietta」

architecture, feature

guji-0_0

guji-0_1
all photos(C)河田弘樹

今津康夫 / ninkipen!が設計した、大阪のセレクトショップ「guji e biglietta」です。店舗の場所は、大阪・梅田のハービスプラザ2Fです。

セレクトショップのインテリアデザインである。
取り扱うブランドに合わせて3つのカテゴリーを持つメンズに、レディースを加えた4区画を1つの店として取り扱いながら、各々が持つ4色のコーポレートカラーを床のカーペットに転写することで、それぞれの領域を可視化することを試みた。4色は柱芯からバイアスに敷かれた補助線の中に整然と収まりながらも、分割数と織り方を奔放に変化させて、服を選ぶ楽しさに彩りを添えている。
店名の由来である若狭甘鯛「ぐじ」の鱗をメタファーとした8角形の柱は見る角度によって表情を変え、フロア全体に一つのパーソナリティーを与えている。
1年ごとに増床し続ける商業施設の中にあって、店が持つフィロソフィーに場所性を重ねて導き出したデザインは消費されることなく定着し、ここに残り続けるだろう。

続きを読む...

谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEによる、東京の新事務所と併設された飲食店「社食堂」の写真など

architecture

谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEによる、東京の新事務所と併設された飲食店「社食堂」の写真などが、japan-architects.comに掲載されています

谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEが設計した、東京の新事務所と併設された飲食店「社食堂」の写真などが18枚、japan-architects.comに掲載されています。

【ap job 更新】 DABURA.m株式会社が、建築設計・リノベーション・地域デザインに関わる業務のスタッフを募集中

architecture, job

jobboard_468

DABURAsama1702-photo01
WALL DEN

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

DABURA.m株式会社の、建築設計・リノベーション・地域デザインに関わる業務のスタッフのお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

DABURA.m(ダブラエム)株式会社は、大分県大分市を拠点とする建築設計事務所です。「建築設計」「リノベーション」「地域デザイン」に取り組んでいます。空間づくりを通じて「場所」や「地域」の魅力を引き出してゆきたいと考えています。

現在、社員を募集しています。例えば、次のような方を求めています

・建築が好きで、設計を学んだ(学んでいる)方
・建築やデザインが好きで、CADや3DCGの学習経験のある方
・建築設計実務の経験がある方
・地域の課題やリノベーションに具体的に取り組んでみたい方
・食べ物が美味しく温泉がたくさんある大分で働いてみたい方
・一般企業に就職したが、本当は設計がしたいと思っていてチャンスを伺っている方
・経験の幅を広げるためにも、今までと異なる環境で働いてみたい方
などなど

また上記に限らず弊社に興味をもって頂いた際は、是非お問合せ、ご応募下さい

藤村龍至率いるRFAによる、「さいたま市大宮駅前おもてなし公共施設『OM TERRACE』」の内覧会が開催 [2017/4/23]

architecture, exhibition

藤村龍至率いるRFAによる、さいたま市大宮駅東口駅前おもてなし公共施設「OM TERRACE」の内覧会が開催されます(PDF)

藤村龍至率いるRFAが設計した、さいたま市大宮駅東口駅前おもてなし公共施設「OM TERRACE」の内覧会が開催されます。開催日は2017年4月23日(日)13:00-16:00 (15:30受付終了)だそう。詳細はリンク先でどうぞ。CG画像や簡易的な平面図も掲載されています。誰でも参加可能だそう

このたび、大宮駅前公有地に建設が進んでおりました「さいたま市大宮駅前おもてなし公共施設『OM TERRACE』」が竣工し、さいたま市のご厚意により、下記の通り内覧会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
本施設は今後さいたま市で開催が予定されている国際イベント ( 世界盆栽大会およびオリンピック・パラリンピック東京大会)に向け、多くの観光客・来街者をおもてなしする機能を導入することを目的として建設される小さな公共施設で、設計に際しては6回のパブリック・ミーティングを通じて公開による意見交換会を開催しました。
ご多用中とは存じますがぜひ足をお運び頂き、ご高覧・ご批評を賜れれば幸いです。 (藤村龍至)

藤原徹平が、「これからの建築士賞」に寄せた、建築関係者を勇気づけるメッセージ

architecture, remarkable

藤原徹平が、「第三回これからの建築士賞」に寄せたメッセージが、建築関係者を勇気づけるメッセージとしても読めて興味深かったのでご紹介します。「これからの建築士賞」は、東京建築士会が主宰するもので、建築士の様々な新しい取り組みを評価しようとするアワードです。こちらのPDFに審査員全員のメッセージが掲載されています。アワードの募集要項はこちらで閲覧できます

藤原徹平

私が学生のころ(1990 年代の後半)、「将来建築の設計の仕事なんてなくなるぞ」とオトナたちに散々脅されたが、なんのことはない今はむしろ設計業界全体は未曾有の人材不足のようだ。(私も含め知り合いの建築家たちは揃いも揃って社員募集中)。確かに新築の数は減ってるかもしれないが、社会改革のニーズは高まる一方だ。
オトナたちは「将来は建築の設計は領域が拡張するぞ、社会は変わりつづける、やるべきことは山積みだ!建築やりながら建築以外もどんどん挑戦してみろ」と言うべきだった。
仕事に粘り強く、人と歴史を尊重し、数字にも法律にも強い、建築士というプロフェッショナルがカバーしなければならない領域は広がる一方だ。

ヴォルフガング・ティルマンスのサイトで公開された、作品の見せ方や、並べ方から生まれるシークエンスのつくり方も興味深い、テートモダンでの個展の会場写真

architecture, art, exhibition, remarkable

ヴォルフガング・ティルマンスのサイトで公開された、作品の見せ方や、並べ方から生まれるシークエンスのつくり方も興味深い、テートモダンでの個展の会場写真です

ヴォルフガング・ティルマンスのサイトで公開された、作品の見せ方や、並べ方から生まれるシークエンスのつくり方も興味深い、テートモダンでの個展の会場写真です。約110枚掲載されていて、自身の作品展示を写真を通してどのように伝えるのか、また、写真の組み合わせ方や繋げ方で、閲覧者がどのような印象を受けるのかということが注意深く考えられつくられていることが分かり非常に興味深いページとなっています。
ティルマンスは、自身の写真作品を展示空間に配置して表現するかということにも非常に意識の高いアーティスト・写真家と知られている人物なので、この公式サイトでの写真構成も本人が関わっているだろうと推測されます。

「ヴォルフガング・ティルマンスが語る写真、人種、同性愛のこと」(HYPEBEAST)

art

「ヴォルフガング・ティルマンスが語る写真、人種、同性愛のこと」が、HYPEBEASTの日本語版に掲載されています

「ヴォルフガング・ティルマンスが語る写真、人種、同性愛のこと」が、HYPEBEASTの日本語版に掲載されています。テートモダンで個展を開催している写真家のヴォルフガング・ティルマンスへのインタビュー記事です。

蟻鱒鳶ルの岡啓輔と、水戸芸・学芸員の井関悠が、対談形式で、藤森照信展を紹介している記事「ようこそ、藤森王国へ」

architecture, exhibition

蟻鱒鳶ルの岡啓輔と、水戸芸・学芸員の井関悠が、対談形式で、藤森照信展を紹介している記事「ようこそ、藤森王国へ」がartscapeに掲載されています

蟻鱒鳶ルの岡啓輔と、水戸芸術館・学芸員の井関悠が、対談形式で、藤森照信の建築展「自然を生かした建築と路上観察」を紹介している記事「ようこそ、藤森王国へ」がartscapeに掲載されています。会場写真も掲載されています。

ノーマン・フォスターが、自身の公式インスタアカウントに、西沢立衛の豊島美術館の写真を「私のお気に入りの場所の一つ」というコメント付きで投稿

architecture, remarkable

ノーマン・フォスターが、自身の公式インスタグラムアカウントに、西沢立衛が設計した豊島美術館の写真を「私のお気に入りの場所の一つ」というコメント付きで投稿しています。投稿された写真は以下です。

One of my favourite places

Norman Robert Fosterさん(@officialnormanfoster)がシェアした投稿 -

原広司の「梅田スカイビル」を、フィギア分野で有名な海洋堂が、カプセルトイに

architecture, culture

原広司の「梅田スカイビル」を、フィギア分野で有名な海洋堂が、カプセルトイにしています

原広司の「梅田スカイビル」を、フィギア分野で有名な海洋堂が、カプセルトイにしています。梅田スカイビルは1993年3月完成の高層ビルですが、近年のその外国人観光客等からの人気の高さにより、再注目をあつめている建築です。こちらの記事等を参照ください

その特徴的な外観と優れた構造性で世界中の注目を集める「梅田スカイビル」を、精密にフィギュア化しました。青い空が映りこんだ“デイタイムビュー”、幻想的なライトアップの“ナイトビュー”に加え、“クリスタル”や“ゴールドコーティング”といったオリジナルカラーを含んだ、お土産に最適なアイテムです。

book『妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI』

architecture, book

書籍『妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI』がamazonで発売されています

服部一晃による書籍『妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI』がamazonで発売されています。

建築界待望の若手レビュアー現わる!

建築のモダニズム、ポストモダニズムの流れを、突然「切断」するかのように現れた妹島和世。その発想の根底には「世界」と「私」の「亀裂」を丸ごと飲み込む姿勢があった。80年代生まれの気鋭が放つ新しい建築史の冒険。

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)

坂茂の、オーストラリア・シドニーで行われている建築展「The inventive work of Shigeru Ban」の会場写真

architecture

坂茂の、オーストラリア・シドニーで行われている建築展「The inventive work of Shigeru Ban」の会場写真が、wallpaper*のサイトに掲載されています

坂茂の、オーストラリア・シドニーのシャーマン現代美術財団で行われている建築展「The inventive work of Shigeru Ban」の会場写真が11枚、wallpaper*のサイトに掲載されています。紙管を使用した災害用住居の実物も展示されているようです。

【ap job 更新】 upsetters architectsが、新しいスタッフを募集中

architecture, job

jobboard_468

upsettersama1704-photo01
SEINAN+

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

upsetters architectsの、新しいスタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

upsetters architectsは、ビジョンと事業性両立のためのストラテジデザインと建築的な思考に基づく環境デザインによって
新たなスタンダードを提案し、社会を豊かにしていきたいと考えています。
地域産業再生のストラテジデザイン、プロダクト開発、公民連携の枠組みづくりから個人住宅までと対象も様々で、まちづくりの専門家、グラフィックデザイナー、コピーライターなど第一線で活躍されている方々とチームを編成し、プロジェクトを推進しています。
 - 新たな試みにチャレンジしているチームを探している方
 - アトリエ系事務所での働き方や、将来性に疑問を感じている方
 - まちづくりや環境デザインに強い興味がある方
など、将来を積極的に拓いていこうとされている方々と一緒に働きたいと考えています。

*現在進行中のプロジェクト*
地域産業の再生のストラテジデザインからプロダクト開発
働き方からの提案を含むオフィスの設計
多店舗開発におけるガイドライン製作
個人住宅の設計
事業継承時のブランド戦略づくり
社会的な課題に対する自主企画
など、多くのプロジェクトが進行しています。

OMAでの担当者がTEDで語った「シアトル図書館デザインの裏側」の動画(日本語字幕付)

architecture, movie, remarkable

OMAでの担当者のジョシュア・プリンス=ラマスがTEDで語った「シアトル図書館デザインの裏側」の動画。2006年公開の古いモノですが、弊サイトでは取り上げていなかったので掲載します。ジョシュアは、現在REXとして設計活動をしている模様です。日本語の講演内容テクストのみはこちらで閲覧できます。時間のない方はどうぞ。

山田守の孫が、山田自邸の公開に合わせて作成した、山田と妻のエピソードを紹介する漫画

architecture, culture

山田守の孫が、山田自邸の公開に合わせて作成した、山田と妻のエピソードを紹介する漫画が、公開されています

山田守の孫・Y田Y子が、山田自邸の公開に合わせて作成した、山田と妻のエピソードを紹介する漫画が、公開されています。Y田Y子のプロフィールはこちらに。山田守の自邸公開イベントの情報はこちらで

過去のTopics


Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Weekly Top Topics

  1. 谷口吉生が、自身による銀座の新しい商業施設・GINZA SIXについて語っているインタビュー記事「商業建築の理想は、変わらないものと変わるものの共存」
  2. 5組の建築家による、青山のプリズミックギャラリーでの展覧会「ととのえる展~5組の建築家の「ととのえ方」とその先にあるもの~」の会場写真
  3. 加藤隼輝+杉山聖昇 / Poten-Potenによる、長野市の美容室「木組みの森」
  4. 加藤吉宏による、愛知県名古屋市の、自社アトリエ「TETOTE NOTE」
  5. 遠野未来 / 遠野未来建築事務所による、東京都千代田区神田の住居・フリースペース・事務所「神田SU」
  6. 手嶋保による建築「三秋ホール」を、富井雄太郎 / millegraphの編集によって伝える書籍『MIAKI 三秋ホールの風景と建築』のプレビュー
  7. GINZA SIXを手掛けた谷口吉生と、noizの豊田啓介によるトークセッション「変わりつつある都市の街並みと建築」が開催 [2017/5/15]
  8. 堀部安嗣のデザインによる、瀬戸内で運用される宿泊型の小型客船「ガンツウ」の公式サイトが公開
  9. 平田晃久による、群馬の「太田市美術館・図書館」の動画や写真の公開ページなどのまとめ
  10. ヘルツォーク&ド・ムーロンがデザインした、テーブルライトの写真
  11. UUfieによる、カナダの、軒下空間を反射素材にすることによって風景を取り込んだコテージ「Lake Cottage」の写真
  12. エイト西澤による、建築系出身で異分野で活躍するデザイナー達へのインタビューシリーズ「アーキテクチュアル・シンキング」が開始。初回は中村勇吾が登場。
  13. 谷口吉生が、基本設計・外装デザインを担当して、内部の店舗内装などで、トラフ・田根剛・二俣公一らが関わっている、銀座の商業施設「GINZA SIX」の写真など
  14. 内藤廣による、富山の「富山県美術館」の写真など
  15. 藤原徹平が、「これからの建築士賞」に寄せた、建築関係者を勇気づけるメッセージ
  16. 坂茂の、ギャラリー間で始まった建築展「プロジェクツ・イン・プログレス」の会場写真
  17. 大木代吉本店(酒蔵)復興プロジェクトチーム・岩堀未来による、福島の、江戸時代から続く酒蔵の店舗のリノベーション
  18. ネリ&フーによる、中国・蘇州市の、素材の使い方と、外観のヴォリューム感が特徴的なホールの写真など
  19. 藤村龍至率いるRFAによる、「さいたま市大宮駅前おもてなし公共施設『OM TERRACE』」の内覧会が開催 [2017/4/23]
  20. 村野藤吾による広島の「世界平和記念聖堂」を、清水建設が保存修復中

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact