五十嵐淳による台湾の建築展での仮設建築「scale forest」

( )

Photo at random

五十嵐淳による台湾の建築展での仮設建築「scale forest」

architecture, feature

scaleforesr01

五十嵐淳による台湾の建築展「Cloud of Unknowing A City with Seven Streets」での仮設建築「scale forest」です。

台北現代美術館で開催された展覧会への「縮尺」について考えた出展作品。

※以下の写真はクリックで拡大します

scaleforesr03

scaleforesr04

scaleforesr06

scaleforesr07

scaleforesr08

scaleforesr11

scaleforesr12

scaleforesr14

scaleforesr18

scaleforesr19

scaleforesr22

scaleforesr23

scaleforesr26

scaleforesr27

以下、建築家によるテキストです。

***********

「scale forest」

台北現代美術館で開催された展覧会への「縮尺」について考えた出展作品。

「時」という概念は人類が自ら設定したものであるが、
地球または宇宙にとって、とても重要であり、かつ原初的な存在である。

この絶対的な存在である「時」と同じように、
重要な存在であると考えられるのが「縮尺」である。

この「縮尺」もまた人類が自ら設定したものであるが、
「時」と同様に原初的な存在である。

建築はこの「時」と「縮尺」との関係性、そのものであるといえる。

今回の展示は、この「縮尺」について考えた仮設建築である。

まず身体に不自由な状態の仮設建築を、
「街」または「集落」のように配置する。

そして肌触りの良い床と、
心地良い居場所をつくる。

不自由な状態は、
人を自然と心地良い床や居場所へ導き、
人々はそこで佇む。

そして身体は無意識に「縮尺」を感じる。

「縮尺」は人の身体に最も多様な影響を与えている。
しかし普段の生活において無関心または無意識な存在である。

この無意識に存在している「縮尺」を、
無意識に感じること。

これが今回の仮設建築の意図である。

■建築概要
“scale forest “
設計:五十嵐淳
所在地:台湾台北市台北市立美術館
主用途:「Cloud of Unknowing A City with Seven Streets展」仮設建築


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact